オイルフリー洗顔料はなぜ人気があるの?売れ筋市販品をピックアップ!

オイルフリークレンジングに続き、オイルフリー洗顔料も人気急上昇中です。どうして普通の洗顔料より高く評価されているのか、具体的なメリット、魅力に迫ります。

オイルは肌に良い?悪い?

オイルフリー洗顔料の売上が伸びていますが、オリーブオイルはアルガンオイルなど、美肌効果も高いオイルもたくさんありますよね。「結局オイルは肌に良いの?悪いの?」と戸惑っている女性もいらっしゃるのではないでしょうか。確かにオイルは様々な美肌成分を含むものも少なくありませんが、洗顔料に限って言うとオイルを含む必要はあまりないようです。なぜなら、顔を洗っている時間はとても短いので、オイルの美容効果が皮膚に及ぶほどの影響力はありません。洗顔料を選ぶ時に大事なのは油分よりも洗浄力です。肌に負担をかけず、余計な汚れをきれいに洗い流すことができる洗浄成分を使っているかどうか、配合成分こそ洗顔料を選ぶ大事なポイントです。

オイル洗顔はハイリスクローリターン!?

オリーブオイルだけで顔を洗うオリーブオイル洗顔法が流行ったこともありましたよね。確かにオイルはメイクや皮脂など油性の汚れを落とすことができます。油性同士馴染みやすいことも事実です。ただし、オリーブオイル自体に美肌効果がたくさんあるわけではありません。しかもオイルだけで洗うのはリスクが高く、逆に肌に負担をかける恐れがあります。なぜなら、ベタベタした100%のオイルは、一度肌につくと落としにくく、軽く洗い流すぐらいでは取り除くことができないからです。蒸しタオルで油分を浮かせたあと、拭き取り化粧水を染み込ませたコットンで何度も拭き取らなければスッキリしないため、一度経験すると「二度とやらない」と疲れ果ててしまうようです。摩擦によるダメージも心配ですよね。しかも普通の洗顔料を使えば数分で済むところを、わざわざ手間暇かけて試すほど、美肌効果が特別に高いわけではありません。もしオリーブオイルをスキンケアに役立てたいなら、洗顔後、ほんの数滴のオイルを肌に馴染ませた方がよほど手軽で効果的です。

オイルフリーではない洗顔料を使うデメリット

オイル洗顔は極端な洗顔法なのでともかく、一般的な洗顔料の中にはもオイルを含んでいうものも少なくありませんよね。オイルフリー洗顔料がわざわざ“オイルフリー”を宣言するからには、オイル入り洗顔料にはデメリットがあると予想できます。現在、専門家からもオイル系洗顔料の悪影響が色々指摘され始めていますが、その理由の1つは皮脂腺が正常に働かなくなる可能性が強いからです。人間の皮膚は自分で皮脂を分泌し、保湿機能やバリア機能を果たしています。ところが、オイルで過剰なケアをしてしまうと皮脂腺が退化し、本来の自然治癒力や潤い力が衰えてしまう可能性があるそうです。必要以上に皮脂を分泌して脂性肌になったり、反対にひどい乾燥肌になったり、皮膚が誤作動を起こした状態になります。

本題!オイルフリー洗顔料を使うメリット

つまり、オイルフリー洗顔料を使う最大のメリットは、肌が元々持つ働きを保ちやすいことです。皮膚は汗をかいて老廃物や汚れを輩出し、善玉常在菌による自浄作用、皮脂膜で肌をガードする保湿&バリア機能が備わっています。肌に不要な刺激を与えないオイルフリー洗顔料を使うことで、皮膚のバランスが整うようになり、必死にスキンケアに励まなくてもコンディションが良い状態が続きます。また、オイルが含まれていないので、マツエク中でも安心して使うことができます。クレンジングはオイルフリーなのに洗顔料の油分でマツエクの接着力を弱めてしまっている方も少なくないようです。

口コミでも特に評価が高いオイルフリー洗顔料4選

それでは、口コミサイトでも特別高く評価されている洗顔料をご紹介しましょう。

■リ・ダーマラボのモイストゲルクレンジング(150g 2,848円)

洗浄成分はすべて保湿成分と言う贅沢な仕上がりの洗顔料です。こんにゃく成分が優しく角質汚れも落としてくれるので、毛穴の奥の汚れが気になる方にもぴったり。99.3%が42種類の美容成分で占められています。水を基材にしているので手と顔が濡れていても使えますし、夜のクレンジングと朝の洗顔の両方に使用できます。

■カウブランド 無添加潤い洗顔(110g 392円)

植物性石鹸と植物性アミノ酸性系洗浄成分から成る洗顔料で、香料や着色料、アルコール分もカットされています。プチプラなのでたっぷり使える点も魅力。

■キールズオイルフリークレンザー(150ml 2,800円)

肌が乾きにくくなる潤い成分のチガヤ根エキス、南極に生息する微生物のタンパク質エキスのアンタークチシンなど、貴重な保湿成分を配合した洗顔料です。ビタミンCが多いレモンエキスもブレンドされているので、洗い上がりがさっぱりしていると評判です。

■オルビスアクアフォースフェイシャルソープ(80g 864円)

脂性肌でも角質層の汚れまですっきり落とすことができる固形ソープです。オルビスは肌タイプに合わせ、マイルドウォッシュ(トラブル肌用)、クリアウォッシュ(ニキビ肌用)、ウォッシュホワイト(美白用)など洗顔料だけでも全部で8種類展開しています。どの種類もオイルフリーなので、肌質に合うものを選びましょう。アクアフォースフェイシャルソープは特にすっきり感が強い洗い上がりが魅力です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする