ダブル洗顔がオススメなのは30代だって知ってた?

30代必読!ダブル洗顔の正しい定義とは

洗顔料を選ぶ時、重要な決め手となるのが「ダブル洗顔するかどうか」と言う問題です。もしダブル洗顔をしたくないなら、ダブル洗顔不要の洗顔料を選ばなければいけません。ちなみに、ダブル洗顔のことを「クレンジングのあと、普通の洗顔料で2回顔を洗うこと?」なんて誤解している女性も少なくないようですが、正しい定義をご存知でしょうか?メイク用のクレンジングを使ったあと、汗や皮脂を落とすための洗顔料で顔を洗うことを、ダブル洗顔と言います。つまり、ダブル洗顔不要と謳われているのは、クレンジングもできる洗顔料のこと。

ダブル洗顔はいいの?悪いの??

クレンジングと洗顔が一度で済むなら、何かと忙しい30代女性は助かりますよね。ただ、ダブル洗顔に関しては「2回も洗ったら潤い成分まで洗い流されてしまう」と否定する意見もありますが、「メイク専用のクレンジングでメイクを落とさないと皮膚トラブルの原因になる」と言う意見も。乾燥肌も嫌ですが、吹き出ものなどの皮膚トラブルも避けたいですよね。結局どちらの意見が正しいのか、戸惑ってしまいます。結論から申し上げますと、ダブル洗顔が吉と出るか凶と出るのかは、年齢や肌の状態、メイクの仕方によって異なります。もし年齢が若く肌トラブルもない女性で、メイクもほとんどしないタイプなら、ダブル洗顔不要の洗顔料でも問題ありません。一方、年齢も30代で気になるトラブルもちらほら出ているようなら、クレンジングと洗顔料をうまく使い分けてしっかり汚れを落としましょう。そもそもメイクをきちんとしている方は、メイクを落とすためのクレンジングが欠かせません。普通の洗顔料では脂溶性のメイク汚れを完璧に落とすことはできないので、ご注意下さい。

30代後半でニキビ!原因はダブル洗顔不要の洗顔料!?

海外ではダブル洗顔をしない方が主流と言われます。確かに洗いすぎは肌の負担になりますが、日中カバー力の強いメイクをしているのに、ダブル洗顔不要の洗顔料で済ましているのは、汚れ残りが気になります。実際、ダブル洗顔不要の洗顔料を使っている間に大人ニキビができた・・・と悩む30代女性も少なくありません。もしどうしてもクレンジングと洗顔の2回顔を洗うのが面倒なら、洗浄力の強いくレンジングを使わなくてもお湯で簡単に落とせる専用のメイク用品を使用しましょう。天然成分配合のメイク用品の中には、普通の洗顔料で手軽に落とせるタイプのファンデーションやチークも増えています。

市販でオススメの30代用プチプラ洗顔料は?

毎日使う洗顔料は、プチプラタイプが人気です。確かにリーズナブルな価格の洗顔料なら、毎日惜しみなく使うことができます。市販のプチプラ洗顔料の中でも30代に特におすすめなのは、ノンオイルタイプの洗顔料です。オイルを使ったスキンケアアイテムは相性の問題を抱えているので、合わないとニキビなど肌が荒れる原因になることも。洗顔料に含まれるオイルはクレンジングオイルに含まれる油分ほど量が多くありませんが、大人ニキビができやすい肌質の方にはおすすめできません。

洗顔で解決!30代でニキビ肌や敏感肌になる2つの理由

30代になると、皮膚も加齢の影響を受けやすくなります。20代では特に問題なかったのに、30代に突入してから徐々にニキビや吹き出ものができやすくなり、ちょっとした刺激にも反応してしまう敏感肌になるケースは少なくありません。肌の潤い成分は年齢を重ねるうちにどんどん少なくなり、皮脂腺は足りない保湿成分を補おうとして、活性化する傾向があります。30代は乾燥によるギトギト肌になりやすい年代なので、ノンオイル洗顔料を使ったダブル洗顔で汚れを隅々まで落としてあげるケアが欠かせません。しかも、30代になるとホルモンバランスも崩れがちです。不安定になったホルモンバランスの影響が皮脂腺に出てしまうと、皮膚トラブルを引き起こしやすくなります。皮脂腺をできるだけ刺激しないよう、洗顔料もノンオイルタイプを使うのがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする