洗顔フォームで頭皮を洗うことはできる?髪の毛を洗える洗顔料も5つピックアップ

洗顔フォームで頭皮や髪を洗えるのかどうか検証してみました。また、洗顔料にもシャンプーにもなる洗浄剤の中でも特に人気があるものを5種類紹介します。

洗顔フォーム 頭皮

スポンサーリンク

洗顔フォームで頭皮や髪を洗うことはできる?

洗顔フォームで頭皮や髪の毛を洗うことはできます。うっかりシャンプーのストックを切らしてしまった時などは、手持ちの洗顔フォームで頭皮と髪の汚れをきちんと落としましょう。

毛穴が詰まっていると髪の毛も抜けやすくなりますし、不快臭の原因にもなりかねません。ただ、日常的に洗顔フォームで頭皮を洗うのはあまりおすすめできません。

頭皮は顔の3倍以上汚れている!洗顔フォームとシャンプーの決定的な違い

洗顔フォームもシャンプーも基本的な構造は共通しています。洗浄剤に保湿剤などが加えられ、保湿しながら皮膚の汚れを落とせるようになっています。ただ、顔の皮膚よりも頭皮の方が皮脂の分泌量が多く、強い洗浄力が必要です。

頭皮の汚れは皮脂だけではありませんが、単純に皮脂の分泌量だけ比較してみても、頭皮は顔の3倍上ギトギトしていることが分かっています。髪の量が多い方や使うヘアケア剤によって、もっと汚れている可能性もありますよね。

一般的なシャンプーは洗顔料よりも洗浄力が強くなっているところが、決定的な違いです。つまり、普通の洗顔料で頭皮や髪を洗っても洗浄力が足りず、汚れが残ってしまう恐れがあります。これは致命的なネックですよね。

肌に不要な負担をかけず、汚れをしっかり取り除くためにも、頭皮やシャンプー、顔の汚れは洗顔フォーム・・・とスキンケアアイテムをきちんと使い分けることが大切です。

すすぎ切れない洗顔フォームの残りが頭皮につくと・・・

最近増えているのが、すすぎ残してしまった洗顔フォームのせいで頭皮がダメージを負うケースです。もし前髪だけ妙に抜け毛が増えているなら、洗顔時に付着した洗顔フォームの泡が原因かも知れません。

朝、晩の洗顔の時、前髪をきちんと上に上げ、洗顔フォームがつかないように工夫していますか?洗顔料はシャンプーよりも洗浄力が弱いとは言え、界面活性剤がたっぷり入っているものも少なくありません

本来水で落とすべき成分を頭皮の一部につけたままにしてしまうと、皮膚に負担がかかり抜け毛や炎症、フケなど頭皮トラブルを引き起こすことがあります。

頭皮も洗える洗顔料を発見!お風呂場のスペースも有効活用できる?

最近は頭皮も顔も洗える専用の洗顔料も登場しています。スキンケアアイテムが1つ減ることで狭いお風呂のスペースも有効活用することができますし、見た目にもかなりすっきりするはずです。洗顔と洗髪を同時に行うこともできるので、時短対策にも効果を発揮します。

・スピカココ 全身シャンプーEXポンプ 630ml(709円)

思わず値段を二度見してしまうほど低価格が魅力の全身シャンプー。価格は安いものの、ヤシの実由来の成分をベースにしているシンプルで安全性の高い処方になっています。香料や着色料、防腐剤も添加されていません。

・ミノン 全身シャンプー しっとりタイプ (1,107円)

弱酸性、無色素、微香性・・・・と肌への刺激を極力抑えた全身シャンプーで、髪や顔、全身を優しく洗うことができます。植物性アミノ酸系の洗浄成分が入っているので、肌の潤いを根こそぎ奪うこともありません。

・ウェリナ オーガニクス アーキ全身シャンプー 275ml (2,376円)

天然植物成分とハワイアン海洋深層水がブレンドされた日本製のナチュラルな全身シャンプー。洗ったあと、頭皮や皮膚がつっぱらない、と人気を集めています。ウッディー&フローラルの香りもリラクゼーション効果が高く、香りのファンも少なくありません。

・オーディ パブリック レドキシング クリームズクリーム 300g (3,240円)

シャンプーや洗顔料、メイククレンジングの他、アウトバウトリートメント、ボディソープ、マッサージクリーム、そしてハンドクリームなど活用方法が幅広い万能クリーム。泡立たないクリームで、ストロベリーやバニラ、マスカットなどユニークな香りも色々登場しています。ただしネット通販は行っていないので、楽天市場などでは購入することはできません。取り扱っている美容院から売って貰いましょう。

・JamLabel 無添加全身用シャンプー 500ml (5,616円)

シャンプー、洗顔料、ボディソープとしても使える全身シャンプー。泡立ちが良いので少量でもボリュームのある泡を作ることができると評判です。無添加なので安全性も抜群。ただし1本の価格は6,000円近くするので、節約のためにスキンケアアイテムを1本化したい方には不向きかも知れません。