シャボン玉石けんの成分!シャボン玉浴用でアトピーの症状が落ち着く?

シャボン玉石けんのシャボン玉浴用は敏感肌にぴったりで、アトピーの辛い症状も出にくいと評判です。価格や成分、正しい使い方について、お役立ち情報をお伝えします。

スポンサーリンク

口コミで話題!シャボン玉石けんはなぜアトピー肌に向いているの?

シャボン玉石けんの浴用石けんは、ちょっとした刺激にも反応しやすい敏感肌や、アトピー性皮膚炎を治療中の老若男女からとても人気があります。

人工着色料など赤み、痒みの原因になる可能性がある成分は排除されている無添加石けんなので、刺激をできるだけ避けたい肌質の方にも安心して使うことができます。

アトピー肌も洗顔料の添加成分で症状が悪化しやすいため、添加物フリーのシャボン玉石けんはぴったりです。

シャボン玉石けんシャボン玉浴用の注目成分!

シャボン玉の浴用石けんが素晴らしいところは、乾燥やアトピーの辛い症状に立ち向かう成分もしっかり配合しているところです。ただ添加成分を排除するだけでは、洗顔石けんとしては守りの姿勢で物足りない思いをすることも。

その点、シャボン玉石けんは刺激も最小限に抑えつつ、乾燥やアトピーの症状に備える成分もしっかりブレンドしています。特に注目したいのが、グリセリンと牛脂。どちらも保湿力抜群の潤い成分ですが、天然由来なので皮膚に対する浸透率も高く、肌に刺激を与えずになじみやすいのが特徴です。

安全性と浸透率抜群の保湿成分で積極的に肌に潤いを与え、トラブルの起きにくい肌環境を整えることができます。

シャボン玉浴用石けんがアトピーに効くメカニズム

アトピーは完治させるのがとても難しい病気で、スキンケアアイテムの影響も強く受けるため、普段のお手入れで不要な刺激を与えないよう注意しなければなりません。

シャボン玉浴用石けんは添加物を避けているだけではなく、配合成分のグリセリンと牛脂が症状緩和に役立っています。天然食物性油のパーム核油から抽出されたグリセリンは保湿力抜群で、アトピーの症状を引き起こす乾燥対策に効果抜群です。

一般的な石けんに使われている添加物によるグリセリンとは異なり、シャボン玉石けんにブレンドされているグリセリンは天然由来です。さらに、牛脂も保湿効果が高い成分で、人間の肌から分泌される皮脂と似た働きをします。

アトピーが進むと皮脂がスムーズに分泌されにくくなりますが、牛脂配合の石けんを使うことで、潤い不足に陥らずに済みます。毛穴に溶け込んだ牛脂は肌に自然な膜を張り、バリア機能を強化して外部の刺激からガードする役割も担っています。

九州から取り寄せた国産の貴重な牛脂を使っていることも、シャボン玉石けんの特別なこだわりです。適度な洗浄力と優れた保湿力を兼ね備え、バリア機能も鍛えることができる洗顔石けんは、アトピー性皮膚炎対策に最適です。

浴用石けんでアトピー対策!シャボン玉石けんの使い方で大事なのは泡立て

ただし、シャボン玉浴用石けんには抗炎症成分は含まれていません。アトピーやニキビの赤みが強く出ている時は、洗顔後、炎症を沈静化させるローションやクリームでケアすると効果的です。

シャボン玉石けんを使い始めて2週間も経てば、肌のひび割れ、乾燥、粉吹きが目立つ肌が落ち着いていることを実感できるでしょう。泡立てネットなどでしっかり泡を立て、泡で撫でるようにして顔を洗って下さい。全身の洗浄も可能です。濃厚な泡を立てることで、有効成分が肌に浸透しやすくなります。

洗顔浴用石けんとシャンプー用は違う!シャボン玉石けんの種類と価格

シャボン玉石けんは種類が多いので、洗顔のための浴用石けんとは別に、髪を洗うための固形シャンプーもあります。定番の石けんで顔、身体、髪を洗う方もいらっしゃいますが、より快適な使い心地を求める方はそれぞれ専用の石けんを買い求めましょう。

主な種類と価格をご紹介します。また、価格は会員になると安くなる仕組みです。お試し価格サービスもあります。

・シャボン玉石けんシャボン玉浴用 (100 g 140 円)
・シャボン玉石けん ビューティーソープ (100 g 216 円)
・シャボン玉石けん シアバター洗顔 (60 g 泡立てネット付 734 円)
・シャボン玉石けん オリーブソープ (60 g 泡立てネット付 1,620 円)
・シャボン玉石けん 洗顔石けん小粋な女 (115 g 1,782 円)
・シャボン玉石けん 固形シャンプー プチパレ (100 g 972 円)