スキンライフの薬用洗顔フォームはニキビ跡にも効果的?

牛乳石鹸のヒット商品はカウブランド赤箱、青箱だけではありません。「昔からスキンライフ派」という方も多いのでは?今回は牛乳石鹸スキンケアライフの薬用洗顔フォームの価格や効果、詳しい成分解析情報をお伝えします。

スキンライフの薬用洗顔フォームも牛乳石鹸の定番洗顔料

牛乳石鹸と言えば赤箱、青箱のカウブランドが有名ですが、ニキビやニキビ跡にお悩みならスキンライフの薬用洗顔フォームがおすすめです。

1963年発売された当初、殺菌剤入りの固形石鹸として注目を集めたスキンライフの洗顔料は1966年、思春期ニキビケアブランドとして新しくクリーム状の洗顔料を発表しました。その後、時代と需要に合わせ、何度もリニューアルを繰り返し、現在の形になっています。

カウブランドに負けないロングセラーシリーズとして、10代の女性から熱烈に支持されています。

ニキビ&ニキビ跡に効果的!泡の成分解析情報をチェック

スキンライフの薬用洗顔フォームには、ニキビやニキビ跡を積極的にケアするための有効成分としてイソプロピルメチルフェノールとグリチルリチン酸2Kが配合されています。イソプロピルメチルフェノールは殺菌作用に優れている成分で、10代の獰猛なアクネ菌を抑える働きを期待することができます。

抗真菌作用もあるので、脂漏性皮膚炎や背中ニキビを引き起こしやすいマラセリア菌の殺傷にも効果的です。一方、グリチルリチン酸2Kはニキビの炎症を抑えるための成分で、赤くムズ痒い状態のニキビのケアにも活躍してくれます。

また、スキンライフでは美肌効果も重視するため、ヒアルロン酸やグレープフルーツエキス、フルール酸など保湿成分、美容成分もたっぷりブレンドしています。ただニキビ&ニキビ跡を治すだけではなく、肌全体を美しく健やかに整えることができる洗顔料です。

ちなみに、ニキビに大敵のオイルは一切含まれていないので、オイルフリーの洗顔料を探している方にもぴったりです。

アットコスメの評価は何点?減点ポイントもチェック

スキンライフの薬用線画フォームは、口コミサイトのアットコスメではどれぐらい評価されているのでしょうか。最新情報では、洗顔フォーム部門のランキングでも堂々の6位、口コミ評価でも7点中5.3ポイントも獲得しています。

「10代の時に愛用していて懐かしい」なんて意見も多く、さっぱりした洗い上がりも高得点に繋がっているようです。

ただし、否定的な口コミの中には「刺激が強くて泡が唇につくとヒリヒリする」なんてネガティブなものも。デリケートな肌質の方には合わない可能性もあります。

ヒリヒリするのは副作用?

アットコスメなどの口コミサイトをチェックしてみると、ライフスキンの薬用洗顔フォームでヒリヒリ感、赤みを感じる方もいることが分かります。もしかすると、ニキビやニキビ跡に積極的に働きかける有効成分の副作用かも知れません。

2つの有効成分のうち、グリチルリチン酸は漢方薬として内服薬にも使われるぐらいなので安全性も抜群ですが、イソプロピルメチルフェノールは殺菌作用が高いため、若干刺激などの副作用を感じる可能性があります。

一般的な化粧品に配合される濃度は低いのであまり心配はありませんが、不安に感じる方は腕など安全な部分でパッチテストをしてから使った方が安心かも知れません。

130gの詰め替え用もある?価格が安いのは通販?それとも薬局?

スキンライフの洗顔料は、洗顔フォームと泡立て不要の泡洗顔タイプの2種類発売されています。泡タイプの方は詰め替え用が出ていますが、130gの薬用洗顔フォームの詰め替え商品はありません。

アマゾンやロハコなど通販サイトの他、薬局、ドラッグストアでも販売されていますが、定価が格安なので、セールやキャンペーン中なら300円程度で買えることも珍しくありません。送料のことを考えると近所の店舗の方が安く購入できるかも知れません。

・牛乳石鹸共進社 スキンライフ 薬用洗顔フォーム<医薬部外品>130g(450円)
・牛乳石鹸共進社 スキンライフ 薬用泡のふんわり洗顔<医薬部外品>200ml(550円)※詰め替え用180mlは450円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする