固形石鹸タイプの洗顔料が肌にいい理由が判明!ニキビや敏感肌向き?

洗顔料の形状は色々ありますが、固形石鹸タイプは敏感肌やニキビ肌に向いていると言われています。肌にいいと言われる理由を徹底的に探りました。

固形石鹸 洗顔

普通の洗顔料にはない固形石鹸独自の3つの魅力

洗顔料の形状は粉末、フォーム、泡、そして固形石鹸など色々ありますが、固形石鹸独自のメリットは3つあります。

①安全性抜群

基本的に天然油脂と強アルカリだけで作られる固形石鹸は、非常にシンプルな原材料しか使われていません。肌に負担がかかる可能性がある成分はほとんど入っていないので、安全性重視で洗顔料を選びたい方にもおすすめ。

②長持ちする

固形石鹸を正しいやり方で泡立てると、1回分に使う量はほんの少しで済みます。きちんと乾かせば残り少なくなっても溶けてしまうことはないので、1つで長く持ちます。とても経済的な洗顔料と言えます。

③環境に優しい

エコの観念から固形石鹸を選ぶ方も増えていますよね。簡単に紙で包むだけで良い固形石鹸は、プラスチック容器に入っている洗顔料のように、使い終わったあともゴミを出しません。泡も固形石鹸の方が水で分解しやすく、環境汚染に繋がりにくい特徴があります。

フォーム状洗顔料との違いは?固形石鹸のデメリットも気になる!

魅力たっぷりの固形石鹸を愛用している方も少なくありませんが、デメリットもあるので注意が必要です。固形石鹸の種類によっては洗顔フォームよりもpH値が高く、顔を洗ったと乾燥しやすくなるものもあります。

また、雑な使い方をして使用後の水切り、乾燥が不十分だと、半分も使わないうちにドロドロに溶けてしまうこともあります。むき出しになっているのでバクテリアも繁殖しやすく、お手入れが不十分だと不衛生な状態になってしまう可能性もあります。

管理などに自信がない方は蓋を閉めて衛生的に最後まで使い切ることができる洗顔フォームの方が向いているかも知れません。

ニキビ肌や敏感肌向き?フォームタイプの洗顔料より固形石鹸の方が肌にいい?

ニキビが出ている肌、敏感肌には洗顔フォームタイプの洗顔料より、固形石鹸の方が肌にいい、向いていると言われています。その理由の1つは、フォーム状の洗顔料に多く配合されている合成界面活性剤です。すべての界面活性剤が悪いわけではありません。

ただ、一般的な洗顔フォームには合成界面活性剤の中でも特に悪影響が心配される精油系の成分が使われることが多く、トラブルを抱えた肌には不向きです。非常に強力な成分なので、使い続けるうちに肌のバリア機能が破壊され、ちょっとした刺激にも過敏に反応する敏感肌になる確率が高いでしょう。

今あるニキビも落ち着くどころか炎症が激しくなる恐れがありますし、敏感肌なら重症化する可能性も・・・。肌の状態が落ち着くまで、シンプルな洗浄成分で洗う固形石鹸を試してみてはいかがでしょうか。

人気ランキングトップ!固形石鹸の洗顔料で敏感肌やニキビ肌に向いているのは?

同じ固形石鹸でも、肌に負担をかける成分が多く添加されているものは、ニキビや敏感肌には不向きです。トラブルを抱えた肌でも安心して使える固形石鹸タイプの洗顔料を絞り込みました。

・牛乳石鹸 青箱 (85g 100円)

石鹸素地の他、牛乳、保湿成分を添加しているため、しっとりした洗い上がりになっています。

・ミヨシ石けん 無添加石鹸 白いせっけん (3P 328円)

石鹸素地の油脂は口に入れても大丈夫な食用のものを使っています。最高品質の油脂から作られている石鹸なので、外的刺激に弱い肌質の方にもおすすめ。

・シャボン玉石けん 化粧石けん シャボン玉浴用 (6P 669円)

最低限の機能に絞り、余計な添加成分が配合されていない固形石鹸。保湿成分も天然成分が選ばれているので、敏感肌、ニキビ肌でも安心。

・アレッポの石鹸 (200g 310円)

石鹸素地だけのシンプルな洗顔石鹸。油脂に使われているオイルはオリーブオイルとローレルオイルの2種類。

・七色石鹸 無添加 無香料 NAMA石鹸 (100g 378円)

昔ながらの製法で90日間の工程を経て作った無添加固形石鹸。一般的な無添加固形石鹸よりもさらに低刺激性にするため、乾かす工程も自然乾燥を選んでいます。赤ちゃんのデリケートな肌にも安心して使うことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする