角栓が気になるメンズのための洗顔料選び

普段メンズコスメを使わない男性も、洗顔料ぐらいは買っているのではないでしょうか。ニキビや黒ずみ毛穴など角栓トラブルは男性の間でもよくあるトラブルなので、角栓に効くメンズ用洗顔料をお探しの男性に役立つ最新情報をお伝えします。

鼻の毛穴やニキビが目立つ!そもそも角栓トラブルは洗顔料で解決できるの!?

角栓が目立つ肌は不衛生な印象を与えてしまうようです。きちんと毎日洗顔しているのに「ちゃんと顔を洗っているの?」なんて聞かれてしまったり・・・。角栓はちょっと厄介な汚れなので、1日2回洗顔していても方法が間違っていれば、しっかり落とすことができません。毛穴の奥に留まる角栓は酸化して黒くなり、余計目立つように。炎症を起こしニキビや吹き出ものになるパターンも珍しくありません。顔を洗うだけではダメだ、と角栓パックに手を出し、毛穴が開き切ってしまう悪循環に陥るケースも少なくありません。ちゃんとした方法で顔を洗えば、角栓トラブルは問題なく解決できます。

角栓汚れを除去!洗顔料選びのコツ

角栓トラブルを解決したいなら、妥協できないのが洗顔料の選び方です。頑固な角栓汚れは、実は洗顔料で取り除くしかありません。毛穴の奥に汚れが埋もれている状態なので、ピンセットや鼻パックなどで強引に取り除いでも、ただ皮脂腺が刺激を受け、普段以上に皮脂が大量に分泌されるだけです。重要なのは、皮膚や皮脂腺に余計な刺激を与えることなく、角栓汚れだけをピンポイントで洗い流せる洗顔料を選ぶこと。また、毛穴に角栓が溜まっている時点で通常より毛穴が開いていることは間違いないので、毛穴を引き締める成分が入っていることも重要な条件になります。

2chでも話題!オイルは使わない方が良いかも・・・

毛穴の汚れにオイルが効く、と騒がれた時期もありましたが、現在はオイルフリーの洗顔料が毛穴ケアに有効と考えられています。なぜなら、オイルは肌や皮脂腺にとって刺激が強過ぎる可能性があるからです。オイルの刺激を受けた皮脂腺が皮脂を過剰分泌し、毛穴が余計汚れやすくなると指摘する専門家も。2chでもオイル洗顔の被害を報告するスレッドが伸びたこともありました。毛穴トラブルを抱えている時はオイルではなく、違う洗浄成分を配合した洗顔料を選んだ方が良さそうです。ずばり、肌に負担をかけず、毛穴汚れをすっきり落とすことができるのは、酵素か泥成分です。

角栓ケア用メンズ洗顔料の人気ランキング!トップは酵素や泥系の洗浄成分

毛穴ケアのためのメンズ洗顔料の売れ筋ランキングをチェックしてみると、上位には酵素や泥成分を配合した洗顔料がランクインしていることが分かります。どちらも皮膚にダメージを与えず、汚れだけをするっと落とすのが得意な洗浄成分ですよね。最後に、人気ランキングトップに君臨する売れ筋洗顔料を年代別にご紹介するので、参考になれば幸いです。

■20代→ニベア メン モイストフェイスウォッシュ(100g 318円)

皮脂を優しく洗い流すアミノ酸系マイルド洗浄成分、ココイルグルタミン酸配合の洗顔料。毎日出る皮脂をきちんと取り除くことで、角栓詰まりを予防します。潤い成分のヒアルロン酸やトレハロースもブレンドされているので、ギトギトするのに乾燥するタイプの肌質にもおすすめです。

■30代→バルクオム(1ヶ月分 5,000円)

男性の肌も30代になると、肌の水分を保つのが難しくなります。バルクオムはクレイミネラルズやベントナイトなど、天然のクレイ系洗浄成分をたっぷり配合しているので、肌に潤いを与えながら、余計な皮脂だけを洗い流し、毛穴が角栓で真っ黒になるのを防ぎます。引き締め作用もあるので、毛穴開きにお悩みの男性にも最適です。

■40代→メンズソープBUSO(1個 2,808円)

40代になると角栓トラブルと同時に臭いの悩みも出やすくなります。BUSOは茶カテキンなど加齢臭対策成分も入っているので、臭い対策にもGOOD。また、肌の潤い成分が激減し乾燥しやすくなる年代なので、高純度フルボ酸やコラーゲンペプチド、ヒアルロン酸、ドクダミエキスなどこだわりの保湿成分もたっぷり配合しています。固形石鹸は溶けやすいので苦手な方もいらっしゃるかも知れませんが、BUSOはコストがかかる職人手作りの枠練り石鹸なので、溶けにくく長持ちするのが特徴です。