いちご鼻を治す洗顔料ランキングトップ!男性の毛穴トラブルも

毛穴に汚れが詰まって黒くなると、まるでいちごのようにポツポツと黒い点が目立ちます。いちご鼻と呼ばれる不名誉な状態から脱却する方法は色々ありますが、一番有効なのは洗顔料を変えることです。

絶対ダメ!逆効果になる間違ったいちご鼻対策

いちご鼻に効くと言われている対策の中には、完全に間違っているものも。例えば、毛穴の汚れをかき出すとされる細い毛のブラシも、実は避けたい対策の1つです。毛穴の奥まで入り込めるほど細い毛のブラシはあまりありません。そのため、毛穴対策用の電動ブラシも超音波などを利用して奥の汚れを取り除くシステムになっているものが大半です。そもそも物理的に汚れをかき出すのは皮膚に対するダメージが大きく、傷がついてしまうことも。その他、指の腹で押し出す方法、毛穴パックの乱用なども、毛穴トラブルをこじらせやすくなる対策方法です。

洗浄力が強過ぎる洗顔料が原因でいちご鼻に?

いちご鼻が目立ち始めると、洗浄力の強い洗顔料でゴシゴシ洗いたくなります。洗浄力重視の洗顔料はさっぱりした洗い上がりが特徴なので、つい癖になって何度も洗いたくなることも。ただ、洗顔のし過ぎは皮脂腺を刺激し、余計皮脂が溢れてくる結果になるので、1日の洗顔回数は朝晩の2回で十分です。本来、洗顔料を使い、その日の汚れをその日のうちに取り除いていれば、毛穴が黒くなることもありません。なぜ洗顔料を使って顔を洗っているのに毛穴トラブルが起きるかど言うと、洗い過ぎが原因になっている可能性大です。洗浄成分や洗顔時の摩擦で強い負担がかかっていると、ターンオーバーもうまくいかずに古い角質がいつまでも毛穴の奥に残ってしまいます。潤い成分も根こそぎ落とされることで皮膚も乾燥し、潤い不足を感じた皮脂腺がたくさん皮脂を分泌する悪循環に陥るわけです。

いちご鼻に必要なのは弱酸性の洗顔料よりクレイ!

肌のターンオーバーを正常に戻し、いちご鼻をきれいにするためには、適度な洗浄力の洗顔料を使う必要があります。保湿や肌をいたわる洗顔料として弱酸性の洗顔料が有名ですが、既に毛穴が黒ずんでいる場合、洗浄力がマイルド過ぎて頑固な汚れまで落とすことができません。スクラブのように擦り洗いするタイプの洗顔料も不向きです。具体的には、汚れを絡め取るクレイ系、溶かし出すピーリングや酵素系の洗顔料がぴったりです。

男性の頑固な毛穴トラブルにもおすすめ!クレイ配合のいちご鼻を治す洗顔料

男性は女性より皮脂の分泌量が多いので、いちご鼻になりやすいようです。クレイを使った男性にもおすすめの洗顔料をピックアップしました。洗顔料に使われるクレイはモンモリロナイト(ベントナイト)、くちゃ(マリンシルト)、カオリン、ガスールなど。パックのように1度で黒ずみを取り除こうと焦らず、毎日継続して使うことで、徐々に毛穴の黒ずみが軽減することを実感できるはずです。
■どろあわわ(2,980円:定期2,831円)発酵工程で美容成分の浸透率をアップ
■泥練洗顔(1,944円:定期1,749円)世界中の優秀な6種類の泥を配合
■HANAオーガニックピュアリクレイ(3,334円;お試し1,480円)軽いメイクも落とせるオーガニック洗顔料
■ホワイトヴェール白雪洗顔(2,916円:初回限定1,000円)ニキビも気になる毛穴トラブル向け
■くちゃ石けん美シーサー(2,550円:定期1,980円)

睡眠不足も毛穴トラブルの原因に!洗顔料以外の対策で気をつけたいこと

深刻ないちご鼻状態になると、ファンデーションやコンシーラーでも黒ずみをカバーすることが難しくなります。優秀な洗顔料を使っても、いちご鼻から脱却するまでに時間がかかるかも知れません。1日でも早く美しい鼻先を取り戻すために、洗顔料などスキンケア以外の対策にも励みましょう。特に食生活は皮脂の分泌量を左右する大切な要素です。油っぽいものばかり食べないよう、献立の油分、塩分、糖分にも気をつけた方が無難です。また、睡眠時間が足りないとターンオーバーも遅れがちになるので、意識して毎日たっぷり寝ることも大切です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする