洗顔料のタルクは発がん性があるってホント!?危険性を厳しく追求!

洗顔料のタルクは安全なのか危険なのか、毒性を詳しく調べました。

タルクの危険性とは

洗顔料に添加されるタルクとは何?発がん性の衝撃ニュース!

洗顔料によく含まれているタルクは安全な成分なのでしょうか。一見問題なさそうに思えても実は肌に悪い影響を与える成分も多いので、タルクの毒性が気になっている方も多いでしょう。事実、タルクには「発がん性がある」なんて恐ろしい疑惑があります。

「タルク不使用」とアピールしている洗顔料も多いので、危険性が心配になってしまうのも無理はありません。けれど、タルク自体、昔から洗顔料など化粧品に使用されてきた歴史がある、安全性が高い成分です。

化粧品はもちろん、食品添加物や医薬品にも活用されているので、発がん性の噂は事実ではありません

タルクの粉にアスベストが混入・・・危険性が噂される真相が判明

ではなぜ、安全なはずのタルクに発がん性という物騒な噂がつきまとっているのでしょう。実は、今から30年以上前、韓国のタルクにアスベストが混入する事件が勃発しました。

アスベストは鉱物繊維の1つで、肺がんや中皮腫を発症する恐れがあることが判明し、現在は原則的に製造も使用も禁止されています。当時、海外では品質管理が今ほど厳しくなかったため、ありえない事件も起きてしまったわけです。

かなり大騒ぎになりましたが、国産タルクは管理体制が良かったため、アスベストが混入する事件は1件も起きていません。しかも、この事件をきっかけに、さらに管理体制に目を光らせるようになったため、国際的な基準で照らし合わせてみても、日本のタルクは高品質と言えます。

まさに風評被害で「タルク=危険」というイメージがついてしまっただけなので、タルク自体の毒性はありません。生薬として冷えの改善治療に使われることもあるぐらい、安全性に関して不安要素はないので安心して下さい。

タルクパウダー不使用の洗顔料が販売されているのはなぜ?

「タルク=安全」なら、どうしてもタルクパウダー不使用とわざわざ明記する洗顔料があるのでしょうか。理由は2つあります。まず、いくら発がん性や危険性は風評被害とは言え、企業側は一旦イメージが悪くなってしまった存在を積極的に取り入れようとは考えにくいものです。

例えば鉱物油も盛んに「鉱物油フリー」とアピールされていますが、鉱物油の代表でもあるワセリンは医療現場でも大活躍しているほど安心な成分です。ベビーパウダーの原料になっている流動パラフィンも鉱物油の1つです。

必ずしも鉱物油が危険なわけではありませんが、精製技術が低かった昔の鉱物油でトラブルが起きてしまった時代があったため、現在でもイメージを気にして無配合にしているメーカーが少なくありません。

もう1つの理由は、単純に肌に合わない可能性を否定できないからです。タルクは汚れを吸着する力に優れているので洗顔料の成分として最適ですが、中には洗浄力が強すぎると感じる方もいるかも知れません。

そういった方を配慮し、タルク不使用の洗顔料も発売していると考えられます。

あの有名な洗顔料もタルクがメイン成分!ベビーパウダーが洗顔料になる?

繰り返しますが、タルクは本当に安全な洗顔料成分です。昔から大人気のカネボウスイサイも、メイン成分はタルクです。タルクは汚れを吸着する洗浄力に優れているため、タルクを含むベビーパウダーで洗顔する美容法、パックする美容法を実践する方もいます。

資生堂の研究でも、タルクは高い吸着作用によって肌荒れや抗炎症作用を発揮することが突き止められています。深刻な皮膚刺激性やアレルギーリスクの問題もクリアしているため、医療レベルでも安全性が認められています。

タルクはオイリースキンにとって頼れる存在ですが、肌がデリケートだと洗浄力が強すぎると感じることもあります。もし刺激を感じるようならタルクの量が少ない洗顔料やタルクフリーの洗顔料を選んで下さい。

・カネボウ スイサイ 洗顔パウダー ビューティクリア パウダーウォッシュ 0.4×32個 (2,333円)