洗うだけで肌質が変わる?バイオラブ洗顔クリームの気になる毒性成分を分析

「普通の化粧品と違う・・・」と美容の達人を次々に虜にしているバイオラブは、独自のポリシーを貫くコスメブランドです。バイオラブを使う魅力や気になる毒性など、購入前にチェックしたい最新情報をお伝えします。

バイオラブ 洗顔

自宅で受けられる植物療法!バイオラブの魅力

バイオラブの洗顔クリームで肌質が変わる、と噂になっていますが、バイオラブを使うと自宅で手軽に植物療法を実践することができます。植物療法は植物の力を利用し、人間が元々持つ自然治癒力を活用するヨーロッパの伝統医学です。

植物療法士に国家資格を与えているフランスやドイツ、イギリスやオランダでは、多くの有資格者が医療現場で活躍しています。

バイオラブは自宅で植物療法を受けられるよう、エネルギー溢れる80種類もの植物成分を活用し、肌が生まれつき持っている自己回復、自己治癒の力を目覚めさせるサポートアイテムを開発しています。

洗顔料の常識を覆す!バイオラブ洗顔クリームは洗うだけで肌質を変える?

バイオラブスキンケアアイテムの中でも特に人気を集めているのが、「洗顔料の常識を覆す!」と賞賛されている洗顔クリームです。不要な角質を穏やかに取り除き、くすみやごわつきのない健やかな肌に導いてくれます。

実際に使っているユーザーからも「肌が柔らかくなる」と好評で、リピーターも少なくありません。貴重な植物成分がたっぷり凝縮されているので、一般的な洗顔料との違いに驚くでしょう。

・バイオラブ ネトワイヤージュ ラルミーユ 100g (4,000円)

~バイオラブ洗顔クリームに配合されている植物成分~

潤いを与える効果
ゼニアオイ
肌荒れを防ぐ効果
トキンセンカ、パセリ
艶を与える効果
オランダガラシ
皮膚を清浄にする効果
サボンソウ
キメを整えハリを与える効果
キダチアロエ、西洋なし、ハトムギ、ラベンダー

使い方が難しい?クレンジングのあとに使うだけでOK!

植物療法の洗顔クリームと聞くと、使用方法が難しそうな印象を受けるかも知れませんが、一般的な洗顔フォームと同じように洗うだけで良いので安心して下さい。

夜のクレンジングのあと、1センチから2センチを手に取って少量の水を加え、強く擦らないよう軽いタッチで顔を洗いましょう。洗い流す時はぬるま湯を使うのがおすすめです。

クレンジングでは完璧に落とすことができない水溶性の汚れや古い角質、毛穴の奥に居座る皮脂汚れもすっきり取り除くことができます。

ドキドキの毒性判定!バイオラブ洗顔クリームはホントに無添加?

バイオラブの洗顔クリーム、ネトワイヤージュ ラルミーユは本当に無添加なのでしょうか。「無添加=安全」とは限りませんが、ちょっとした刺激にすぐ反応してしまう敏感肌にとって、添加物は極力避けた方が良いことは間違いありません。

バイオラブは日本人の皮膚生理を研究し、植物エキスの濃度を決定するほど日本人の肌質に合う製品を開発していますが、100%ナチュラル成分だけでできているわけではないのでご注意下さい

バイオラブが使用していないのは合成着色料&香料と鉱物油、揮発性アルコール、そしてパラベンで、合成界面活性剤に関しては規制していません。

バイオラブの洗顔クリームにも、ミリストイルグルタミン酸K、ミリストイルグルタミン酸Na、パルミトイルメチルタウリンNa、水添リゾレシチン、そして防腐剤のフェノキシエタノールが加えられています。

また、殺菌成分や溶剤としてペンチレングリコール、合成ポリマーのヒドロキシプロピルデンプンリン酸も含まれています。どの成分も毒性は非常に低く肌に深刻な負担をかける恐れはありませんが、完全無添加の洗顔料を探している方には気になる要素になるかも知れません。

サロンオーナーも口コミで大絶賛!業務用化粧品は通販で買える?

洗顔クリームも含め、バイオラブはエステティックサロンなど多くの施設で活用されています。業務用化粧品も通販で購入することができますが、美容エステや整体など特定の施設を運営し、各種条件を満たした人間しか業務用を買い求めることはできないのでご注意下さい。配合されている成分は同じで、価格帯が安くなっています。