ウォッシュクレンジングNは毎日使っても大丈夫?

クレンジングリサーチのウォッシュクレンジングNは8年連続でナンバーに輝く大ヒット洗顔料です。ピーリング成分が入っているので、毎日使っても大丈夫なのか気になっている方も多いでしょう。気になる成分や毛穴に対する効果など、今すぐ役立つ情報をお伝えします。

毛穴の汚れに効く!ウォッシュクレンジングNはスクラブが決め手

クレンジングリサーチのウォッシングクレンジングNは、大ヒットしたピーリング石鹸、クレンジングリサーチソープと同じクレンジングリサーチから発売されている洗顔料です。3,000万個以上売れている洗顔料なので、ご存知の方も多いでしょう。

プチプラでどのドラッグストアでも販売されてため、既に試したことがある方も少なくないはずです。ウォッシュクレンジングNはチューブに入っているフォーム状のピーリング洗顔料で、最大の特徴はスクラブが入っていること。

スクラブのマッサージ作用で血行促進効果が高まり、血の巡りも良くなります。毛穴の奥の頑固な汚れ、老廃物までしっかり落とすことができますし、皮膚表面の古い角質もきれいになるので、透明感が出ると評判です。

古い角質は角栓やニキビ、くすみなど美容トラブルの原因になるので、普段からピーリング洗顔料でケアして健やかな肌を保ちましょう。
・クレンジングリサーチ ウォッシュクレンジングN 120g (1,000円)

ウォッシュクレンジングNのピーリング成分は弱い?強い?

ウォッシュクレンジングNのピーリング成分は、リンゴ酸などのAHA、パパイン、キウイエキス。AHAことアルファヒドロキシ酸はピーリング成分の中でも特にマイルドな作用で、毒性も心配ありません。特にリンゴ酸は食品にも使われているぐらい、安全性抜群の成分です。

市販食品の味付けに使う酸味料としても活躍しているので、できるだけ自然由来の成分を選びたい方にもおすすめです。しかも、リンゴ酸はピーリング効果が注目されていますが、美白効果やアンチエイジング効果、保湿効果など、他の美容効果にも優れています。

最近はリンゴ酸の有機酸と浸透促進剤を組み合わせることで、ダメージヘアを補修する効果を発揮することが分かり、ヘアケア業界でもひっぱりだこです。

ウォッシュクレンジングNには保湿成分としてリンゴ果汁も入っていますが、いずれにしても洗浄成分は100%植物性なので、比較的刺激に弱い肌でも安心して使うことができます。

毎日の使用はNG?ちょっとヒリヒリする方も

クレンジングリサーチのウォッシュクレンジングNは非常に穏やかに効くので、毎日使っても問題ありません。ただし、デリケートな肌質の方は続けて使うと肌がヒリヒリする可能性もあるので、2~3日に1回のペースで使用しましょう。毛穴の汚れや肌のクスミが気になる時のスペシャルケアとして常備している方も増えています。

ウォッシュクレンジングrとbとの違いは?

クレンジングリサーチのウォッシュクレンジングNの刺激が強いと感じるなら、もしかするとスクラブ成分に反応しているのかも知れません。

クレンジングリサーチの洗顔料は何種類か展開中で、同じタイプのスクラブが入っていないウォッシュクレンジングbも人気があります。スクラブノータイプのウォッシュクレンジングbは洗い上がりのしっとり感が強いので、乾燥肌やデリケートな肌質に向いています。

また、ウォッシュクレンジングrはリッチモイスト処方で発酵ローズはちみつとセラミドAHAもブレンドされているため、保湿力重視で洗顔料を選びたい方にもぴったりです。ミネラルクレイも配合されているため、薄いメイクなら落とせるぐらいのクレンジング力もあります。

・クレンジングリサーチ ウォッシュクレンジングb 120g (1,000円)
・クレンジングリサーチ ウォッシュクレンジングr 120g (1,000円)

送料がかからないドラッグストアも狙い目

クレンジングリサーチのウォッシュクレンジングNは定価でも約1,000円と良心的な価格が魅力ですが、公式サイトやアマゾン、楽天市場など通販で購入すると送料がかかるのがネックです。

固形のクレンジングリサーチソープとウォッシュクレンジングNは定番の洗顔料なので、扱っていない薬局、ドラッグストアを探す方が難しいでしょう。送料がかからない分お得なので、実店舗のセールを狙うのが一番お得かも知れません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする