「乳雪花」はpH値まで計算し尽くしている?効能がすごいホエイ石鹸の秘密

美肌効果が高いホエイ石鹸の手作りに挑戦する方が増えていますが、慣れていないと簡単ではありません。保存も大変なので初心者は無理をせずに市販品からトライしましょう。市販のホエイ石鹸では乳雪花がおすすめです。

乳雪花 ホエイ石鹸

ホエイ石鹸の効能がスゴイ

ホエイ石鹸は普通の石鹸よりも保湿力が高く、角質を柔らかくする効果やニキビを予防する効果、美白効果など美肌のために嬉しい作用がたくさんあります。

元々食べられる材料を使っているので、顔を洗う時も安心して使用することができるのも嬉しい魅力の1つです。

作り方が危険?手作りはコストもかかる

ホエイ石鹸の手作りに挑戦する方が急増していますが、薬物法や毒・劇物取扱法で劇物に指定されている苛性ソーダも使うのでペットを飼っているご家庭、小さい子どもがいるご家庭にはあまりおすすめできません。

手作り石鹸は安全性が高いのがメリットですが、苛性ソーダを使う以上作るプロセスは決して”安全”とは言えません。石鹸作りに使う苛性ソーダの濃度は30%ほどですが、それでも肌についたら皮膚が大荒れして目に入れば失明の恐れがあるほどの強烈な刺激があります。

30%でも家庭用のカビ取り洗剤の50倍近い濃度なので、自信がない方は市販のホエイ石鹸の方が安心です。ホエイの他、苛性ソーダやオリーオイル、ひましオイルなど揃えなくてはいけない材料や道具も色々あるので、コストも意外に高くなります。

市販品を買った方が安いと語る経験者も少なくありません。

市販品の売れ筋は乳雪花!他のホエイ石鹸と何が違うの?

市販のホエイ石鹸ではチューブの容器に入った乳雪花が特に人気があります。一般的にホエイ石鹸は固形石鹸の割合が多くなっていますが、ホエイ入りの固形石鹸は溶けやすいのがネックです。

乳雪花はミリスチン、ステアリン酸、水酸化Kがベースになっているので、固形石鹸同様石鹸ベースです。石鹸ベースに低刺激性のアミノ酸系洗浄成分もブレンドすることで、皮膚のpH値が弱酸性になるよう計算されています。

pH値を弱酸性にすることで皮膚のバリア層を破壊せずに済むので、肌の弱い方でも安心です。一般的なアミノ酸系洗浄成分だけしか入っていない洗顔フォームだと、汚れを完璧に落とすことは難しいため、乳雪花はこのように複数の洗浄成分を組み合わせています。

洗浄力と肌への優しさの絶妙なバランスこそ、乳雪花最大の魅力です。また、初回限定で半額になるサービス、30日間全額返金保証サービスも、一般的なホエイ石鹸にはないサービスですよね。

潤い成分や美白成分たっぷりのホエイの他、角質を落として肌を滑らかに整えるヨーグルトも配合されています。

・あしたみや 乳雪花 120g (定価3,700円)

神戸の石けんなどライバル石けんもチェック!ネガティブな口コミは?

乳雪花は返金サービスがあるので、初めての方でも試し買いしやすいはずです。初回なら半値で買えるのも消費者には嬉しいサービスです。使い心地や効果に関しても絶賛されていますが、ごく稀にネガティブな口コミも混ざっています。否定的な口コミの大半は値段に関することで、「2回目以降が3,000円オーバーで高い」というものが目立ちます。

確かに3,000円以上する洗顔料を買うのはハードルが高いと感じる方が多いようですが、ピーリングパックなどは要らないほど肌がツヤツヤになり、透明感が増すため「買う価値がある」と考える愛用者も大勢います。

まずは半額サービスを利用してご自身の肌で効果を確かめてみましょう。気に入らなければ返金して貰えるので経済的に損をすることはありません。ホエイ石鹸は本当に価格がピンキリなので、相場価格を算出するのが簡単ではありません。

他のホエイ石鹸の価格情報も掲載するので参考になれば幸いです。価格はもちろん、ホエイ配合料や洗浄成分の種類も重要なポイントです。

~他のホエイ石鹸の価格情報~

・オーガニックナチュレ オーガニックナチュレソープ ヨーグルト乳清と純国産ハーブ配合洗顔 100g (756円)
・北の快適工房 二十年ほいっぷ 281g (2,075円)
・六甲山牧場 ホエイ石けん サボンドコウベ 100g (3,240円)
・シャラン洗顔フォーム 82g (5,184円)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする