洗顔フォームと洗顔石鹸のどちらが美肌に効果的?

洗顔フォームと洗顔石鹸の違いを比較

少しでも美肌になりたい、と望むなら、スキンケアの基本である洗顔をおろそかにすることはできません。ただ、気になるのが、洗顔料の形状です。洗顔フォームと洗顔石鹸のどちらの美肌効果が高いのでしょうか。実は、洗顔フォームも洗顔石鹸も泡立てて使うので、形状の違いはたいした違いではありません。もっと重要なのは、成分の違いです。洗顔フォームには洗顔石鹸よりも合成界面活性剤と油分が多く配合されている傾向があります。この主成分の違いこそ、洗顔フォームと洗顔石鹸の最大の違いです。

合成界面活性剤は乾燥肌の大敵?

洗顔料は1つ1つ成分が違います。従って、形状だけでどちらの美肌効果が高いと論じるのはナンセンスですが、全体の傾向として、洗顔石鹸の方が洗顔フォームよりも肌に優しいものが多いとされています。なぜなら、洗顔フォームにたっぷり含まれる合成界面活性剤は、洗浄力が強く食器洗い用の洗剤や衣料用洗濯洗剤にも使われる洗浄成分です。肌の汚れだけではなく、天然の潤い成分である皮脂やセラミドなども、根こそぎ洗い流してしまう可能性があります。元々肌が乾燥しやすい肌質の方はもちろん、「普通肌だったのに洗顔フォームを使うようになってから肌が荒れやすくなった!」と嘆く方も。洗顔フォームによっては肌に優しい洗浄力を使っているので、選ぶ時は原材料欄を厳しくチェックしましょう。

洗顔フォームが抱えるもう1つの問題

洗浄力が強い洗浄成分が配合されている割には、洗顔フォームで顔を洗ったあと、逆に潤いを感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。それは潤い成分ではなく、油分かも知れません。実は洗顔フォームの約3割は油分で、洗顔石鹸とは比べものにならないほど油分が添加されています。強い洗浄成分で洗ったあと、肌がガサガサになるのを防ぐために、油分をふんだんに添加しています。洗顔料の中の油膜が皮膚に残ることで、洗顔直後の乾燥を感じにくくなりますが、油膜が貼られることで、洗顔後のスキンケアで塗った有効成分が皮膚の奥まで浸透しにくくなります。そのため、洗顔フォームを使ううちに、深刻な乾燥肌になることもあるのでご注意下さい。洗顔直後の洗い上がりだけではなく、しばらく使い続けて肌のコンディションが改善されているかどうか、じっくり観察することが大切です。

油膜のせいでニキビができることも

油分に皮脂腺が敏感に反応するタイプの肌質の方は、洗顔フォームに含まれる油分の油膜のせいで、ニキビができることも。必ずしもオイルが悪いわけではありませんが、スキンケアの浸透を防ぐ油分を配合している洗顔フォームは避けた方が無難です。

洗顔石鹸の泡は美白と保湿に効果的

一方、洗顔石鹸は油分を最小限に抑えているため、洗い上がりはとてもすっきりしています。弱アルカリ性の泡は皮膚に負担をかけず、余計な汚れだけを落とすのが得意です。角質や汚れが除去されるので、肌に透明感が出て美白効果も自然に得られます。洗顔石鹸を使うようになり、肌がワントーン明るくなったと自覚している方も少なくありませんよね。しかも、洗顔石鹸で洗顔後、弱アルカリ性に傾いた皮膚は、自然に弱酸性に戻ろうと働きかけます。この反応によって、皮膚が活性化し、美肌効果を発揮します。皮膚の中和能力によって天然の皮脂膜が肌全体を多い、皮膚のバリア機能も高まり、肌トラブルを招きにくくなります。洗顔石鹸が「肌を育てる洗顔料」と賞賛されるのは、こういった理由からです。

無添加洗顔石鹸のネックとは?

ただし、洗顔フォームの中にも天然の洗浄剤を使用し、油膜を作る油分を最小限に抑えているものはあります。あくまでも「こういう傾向があるから気をつけましょう」と言うお話です。ちなみに、美肌効果が高い洗顔石鹸にもネックはあります。それは、水に溶けやすいので、最後まで使い切るのが難しいことです。溶けやすいものだと、半分も使っていないうちからドロドロになってしまいます。しかも洗面台やお風呂場に置きっぱなしにすることで、カビや垢汚れなどがつきやすく、不衛生になりがちなのも問題です。特に洗顔石鹸に多い無添加タイプはカビに狙われやすいので、使わない時は陰干しするなど、衛生的に保つお手入れが欠かせません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする