クリアターン朝マスクの習慣で肌が変わる!何分放置?

朝マスク美容法が盛り上がっていますが、クリアターンの売上が突出しているそうです。他のマスクとの違いや効果を最大限引き出す使い方をお伝えします。

クリアターン

朝マスク美容法の美容効果に迫る!

フェイスマスクやパックは夜にするもの・・・という常識を覆し、現在朝マスク美容法がはやっています。朝マスクの美容習慣を行うとまず実感するのが、化粧ノリの良さです。

化粧水や乳液など基本的なスキンケアだけで済ます時よりもしっかり保湿成分や美容成分を浸透させるため、肌の土台が安定してお化粧ノリも良く、崩れにくくなります。

また、美白効果も見逃せません。美白成分が入っているものも少なくありませんが、単純に保湿するだけでも紫外線被害を受けにくくなります

夜のマスクとの違いは?朝マスク専用のパックを使うのがポイント

貼ってはがすタイプのフェイスマスクは昔からありますが、朝は朝専用のマスクを使うのがポイントです。「ただでさえ忙しい朝にパックなんてしていられない」と思うかも知れませんが、朝マスクは時短対策を取り入れているのが最大の特徴です。

時間の余裕がない朝でも手早くスキンケアを済ませられるよう、1枚のシートに化粧水や乳液、美容液、クリームなどのスキンケア成分が入っています。下地機能もあるので、マスクをはがしたあとそのままお化粧することができるものもあります。

一般的なフェイスマスクは洗顔後の肌に使い、はがしてからは普段通りのステップで化粧水などのスキンケアを行う必要があるため、朝マスクとは比べものにならないほど手間がかかります

ニキビ肌にもおすすめ!クリアターン朝マスクが売れている理由

朝マスクの人気を受け、どのメーカーもこぞって朝専用のフェイスマスクを発売していますが、特に評価が高いのがクリアターンの朝マスクです。

保湿や美白に特化したフェイスマスクが多い中、クリアターンの朝マスクは「洗顔 + 化粧水 + 乳液 + パック + 下地」と5つの機能をカバーしています。洗顔と化粧下地を1度に済ませられるパックは中々ありません。

寝起きの顔に貼ってはがすだけで、即肌がしゃきっと引き締まり潤いも与えられるので時短効果も抜群です。肌に触れる回数が激減するため、できるだけ皮膚にタッチしない方が良いニキビ勃発中の肌にもおすすめです。

何分放置?グレープフルーツの香りで朝からリラックス!

クリアターンの朝マスクはたった60秒はっておくだけでOKなので、即効性の高さも魅力です。グレープフルーツエキスが配合されているので、慌ただしくイライラしがちな朝もリラックスして過ごすことができます。

グレープフルーツは朝のアロマにぴったりで、学名では楽園を意味するように気分を心地よく高めてくれる効果があります。殺菌効果も高くニキビや吹き出ものを沈静化する作用、脂肪燃焼効果作用、リラクゼーション作用など、心と身体に多角的に働きかけてくれる香りです。

コスパランキングトップ!プリンセスヴェール販売店はamazonが安い?

クリアターンの朝用マスクは1枚約35円です。化粧水から洗顔料、化粧下地など5つの機能を兼ね備えていることも考えると、破格の安さです。

インターネットで買えるお店の最安値を調べたところ、現時点では楽天市場で一番安いお店が1,514円、アマゾンは1,182円でした。どちらも送料がかかりますが、アマゾンには8枚入りもプレゼントされて1,601円のお得なセットもありました。

・コーセー クリアターン プリンセスヴェール モーニングスキンケアマスク 46枚入り(1,620円)

「スースーする」の口コミも・・・ブログで話題のサボリーノと徹底比較

サボリーノやマンダム、ベイビッシュなども口コミ評価が高い朝マスクで、ブログでもよく話題にされています。クリアターンとどちらにしようか迷っている方もいらっしゃるかも知れません。

一番クリアターンに近いのは、洗顔から下地までカバーしているサボリーノの朝マスクです。こちらも大変人気がありますが、32枚入りで1,300円なので1枚あたり約41円。1枚35円弱のクリアターンの方が安く購入することができます。

容器もクリアターンは粘着テープで開け閉めするボックス型なので、きちんと箱に入っているタイプのパックを好む方に好評です。また、クリアターンのシートの形状は日本人女性の顔サイズを徹底研究して開発されているため、口元カバー率260%、目元カバー率210%とフィット感が非常に高いところも見逃せません。

ただしサボリーノにもクリアターンにも、エタノールが入っているために刺激に弱い肌には若干ピリピリするかも知れません。「スースーする」なんて口コミも。気になる方は8枚入りタイプから購入し、肌に合うかどうかチェックしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする