ピーリング洗顔後にやりがち!おすすめできないやり方って?

ピーリング洗顔の後、間違ったお手入れ方法でピーリング効果が台無しになることがあります。2人に1人は誤解していると言われるNGスキンケア方法をお伝えします。

スポンサーリンク

洗顔前?洗顔後??ピーリング剤を使う順番が知りたい!

ピーリング剤でお手入れするタイミングが分からない、と戸惑う女性も少なくないようです。同じピーリング剤でも石鹸タイプ、ジェルタイプ、美容液タイプと色々な形状に分かれ、使い方もそれぞれ異なります。そのため、ピーリング剤のタイプによってお手入れ方法も違います

洗顔料も兼ねているピーリング石鹸は、普通の石鹸で2回目の洗顔をする必要はありません。ジェルタイプを使う順番は製品によって差がありますが、一般的にはクレンジング、洗顔のあと、軽く水気を拭き取ってから使用するものです。

美容液タイプのピーリング剤も、クレンジングと洗顔後、水気を拭き取り乾いた肌に使います。

AHAピーリング石鹸で洗顔後・・・ピーリング剤の併用は厳禁!

ピーリング石鹸で顔を洗ったあとの肌はとてもデリケートな状態になっているので、ピーリング剤の併用は避けましょう。最初から併用する前提で作られている同じブランドのスキンケアアイテムなら問題ありませんが、個々のピーリング剤を同じ日に一緒に使ってしまうと肌を疲れさせてしまいます。

中には毎日使っても問題ないマイルド処方のピーリング剤もありますが、ピーリングアイテムの目的の1つは古い角質を剥がすこと。洗顔で角質を剥がし、洗顔後に新たなピーリング成分で角質層に働きかけると、やり過ぎアプローチでバリア機能がガタガタになってしまいます。威力が強いBHAはもちろん、穏やかに効くAHAピーリング石鹸でも、ピーリング剤の併せ技は乱暴すぎることを覚えておいて下さい。

ピーリング洗顔後の正しいお手入れのやり方

ピーリング洗顔後、気をつけたいことは2つあります。1つ目は、普段以上に保湿をしっかりすること。ピーリング洗顔後、肌はいつもより乾燥しやすくなっています。保湿成分がたっぷり入っている化粧水で、丁寧に水分を補充して下さい。

2つ目に大切なことは、日中の紫外線対策を万全にすることです。ピーリング洗顔後の肌は角質層が薄くなっているので、紫外線など外部刺激を受けやすくなっています。UV対策をおろそかにすることで逆にシミ、ソバカス、シワなどのトラブルを招きやすくなることも多いので、油断大敵です。

薬局では入手不可!人気ランキングトップの市販ピーリング石鹸

潤い対策を最重視して開発された究極のピーリング石鹸をご紹介します。保湿成分がたっぷり入っているので、顔を洗った後もしっとり感を味わうことができます。薬局やドラッグストアでは扱っていないオンラインショップ限定販売のものが多いので、ネットでチェックしてみて下さい。

・Dr.KAHADA G1ソープ (80g 1,890円)

カハダのピーリング石鹸は、肌質によってチョイスすることができます。グリコール酸1 %配合のG1ソープはもっとも刺激が少ないので、ピーリング石鹸デビューにもぴったり。スクワランやヒアルロン酸、甘草エキスなど、肌をいたわる美肌成分もブレンドされています。

炎症やかゆみの原因になる可能性がある合成香料、着色料、防腐剤、鉱物油を含まない無添加石鹸で、伝統的な釜焚き製法で丁寧に手作りされています。

・マークアリーフ デイリーピールソープ (80g 2,191円)

AHAを5 %配合した固形ピーリング石鹸。AHAピーリング成分の中で一番分子量が少ない天然成分のグリコール酸を使っているため、ピーリング石鹸にも関わらず毎日連続して使用しても肌が荒れることがありません。保湿効果抜群の豆乳発酵液も入っているので、大豆イソフラボン効果で肌に潤いを与えながら角質や毛穴をケアすることができます。

アロエベラ葉エキス、グリーンレモン果実エキス、トマト果実エキス、みかんエキス、桃の葉エキスなど、肌に嬉しい国産植物エキスも惜しみなくブレンド。

・アイアイメディカル アイナソープ100 (113g 2,700円)

肌となじみやすいグリコール酸を1 %だけ配合しているため、ピーリング初心者に最適な固形石鹸です。100年以上の歴史がある老舗石鹸メーカーのこだわりで、牛脂などの動物性油脂ではなく、より肌に優しい植物性油脂を採用。

敏感肌、乾燥肌などデリケートな肌質の方の間でも満足度が高い仕上がりになっています。