ピーリングは皮膚科で!効果が段違いに高い?

皮膚科でピーリング施術を受けるメリット&デメリット、値段情報や注意点をお伝えします。

皮膚科ピーリングのメリット&デメリット

安いセルフは正直効果ない?ピーリングを皮膚科で受ける5大メリット

ピーリングは本気で肌を変えたい方にとって、本当に頼りになる美容方法です。ただ、同じピーリングでもセルフピーリングと皮膚科で行うピーリングはかなり差があります。

「似て非なるもの」と言っても過言ではないほど、威力がまるで違うのでご注意下さい。

市販のピーリング剤の中には、ピーリング成分が一切入っていないものもあるので騙されないようにしましょう。ピーリング剤は古い角質を取り除くことで、強制的に皮膚の新陳代謝を促進する美容方法です。

ピーリングに使う薬剤の種類はたくさんありますが、同じピーリング剤でも濃度はピンキリです。市販品に使える種類、濃度は決まっているので、ドラッグストアやオンラインショップで購入できるピーリング剤は皮膚科で使われるものと比べものにならないほど効き目が抑えられています。

効果が高いピーリング剤は皮膚の状態をじっくり観察しながら使う必要があるため、専門家と二人三脚で使用しなければなりません。皮膚科では安全かつ最短で結果を出すため、肌やトラブルに合わせて最適なピーリング剤を処方してくれます。

また、レーザーピーリングなど医療機関でしか受けられない種類のピーリング治療にトライできるのも、通院するメリットの1つです。

~皮膚科でピーリングを受けるメリット~

・そもそもピーリングが合うかどうか判断して貰える
・ピーリング治療の種類が豊富で、医療機関でしか受けられないピーリングも施術可能
・肌やトラブルの状態を見ながら施術して貰えるので、安全性も抜群
・皮膚に合うピーリングを最適な濃度で施術して貰えるため、結果が出るのも早い
・万が一トラブルが起きた時もケアして貰える

値段も効果も数倍違う?頻度など皮膚科でピーリングを受ける時気をつけたいこと

セルフピーリング剤は安いものだと1,000円しないものも少なくありません。一方、皮膚科でピーリングを受ける時は、施術範囲や使用する薬剤によっても異なりますが、1回の治療費として5,000~15,000円ほどします。

値段だけ比較するとかなり高く感じるかも知れませんが、効果は数倍違うので結果を重視してどちらのアプローチ方法を選ぶのか決めましょう。ただ、皮膚科でピーリング治療を受ける場合、基本的に1回だけで施術が終了することはありません。

抱えているトラブルの状態や肌質によっても違いますが、肌に強い負担をかけずに問題を解決するため、一般的に2週間から1ヶ月間隔をあけ、5~6回は施術を繰り返す前提で治療が進められます。

根深いニキビ跡がある場合は、もっと回数を重ねる必要がある可能性もあります。効き目も高い分費用もかかるので、最初のカウンセリングではトータルでかかる費用も教えて貰いましょう。

お試し価格は安くても2回目以降の施術料金が高いところはあるので、トータル費用の確認は欠かせません。

顔のニキビ&ニキビ跡におすすめのピーリングはケミカル?レーザー?

皮膚科のピーリングは種類が豊富で、自宅では施術できないレーザーピーリングも受けることができます。ケミカルピーリングの場合、フルーツ酸などピーリング剤を使って皮膚の古い角質を溶かします。

市販品には配合できない高濃度のサリチル酸を処方して貰うこともできます。一方、レーザーピーリングはヤグレーザーなどレーザーマシンを使い、反射作用で皮膚表面の角質を取り除きます。

透過作用によって皮膚の奥のコラーゲンも増やすこともできるのが魅力です。毛穴の開きやシミ、くすみ対策に効き目があります。ケミカルピーリングは脂性肌に合う施術方法で乾燥肌には不向きですが、レーザーピーリングは肌質を選ばないところもメリットの1つです。

特徴が違うためどちらが優れていると判断することはできません。目的や肌質によって使い分けます。例えば、ニキビやニキビ跡に悩んでいる患者さんには、サリチル酸マクロゴールなどでケミカルピーリング施術を行った方が効果的です。美白作用も高く、ニキビ跡や色素沈着にも有効です。