手作りピーリングの5大メリットって?100円以下で簡単にできる!

ピーリング剤は簡単に手作りすることができるので、是非トライしてみて下さい。市販の既製品ではなく手作りすることで得られる思わぬメリットや定番レシピをご紹介します。

ピーリング 手作り

全部で100円以下?手作りピーリングの5大メリットに迫る

ピーリングアイテムを手作りする最大のメリットは、美容費を安く抑えることができるところです。塩や重曹、ヨーグルトなど台所にあるものを使えば、1回の費用は100円以下で済むことも。

どんなに安いピーリングパックでも1,000円近くするので、10分の1もコストカットできる計算です。しかも、手作りピーリングは使う直前に作るので、常に新鮮な状態で使うことができるところも魅力の1つです。もちろん、完全無添加です。

また、材料や分量も調節することができるので、自分好みにカスタマイズすることができるところも見逃せません。さらに無香料にもできますし、使うアロマオイルを決めることもできるので、体調や気分に合わせて毎回違うフレーバーを楽しむことも可能です。

~手作りピーリングのメリット~

・安い
・新鮮
・無添加
・肌質に合わせて調節可能
・好きな香料も選べる(無香料もおすすめ)

デリケートな肌質の40代は足裏からトライ!かかともおすすめ?

40代になると加齢の影響が肌のあちこちに出て、ささいな刺激にも過敏に反応する敏感肌になる傾向があります。ピーリングは強めのスキンケアなので少し怖い、と思っているアラフォー女性もいらっしゃるかも知れません。

不安な時や肌が本調子ではない時は足裏やかかとなど皮膚が厚く丈夫な部分から試してみてはいかがでしょうか。膝や肘、足裏やかかとがゴワゴワしていると、一気に見た目年齢が老けて見られてしまいます。手作りピーリングで角質をケアして透明感を取り戻しましょう。

ピーリング初心者はヨーグルトがマスト!砂糖と混ぜるだけでOK

手作りピーリング初心者は、砂糖とヨーグルトの組み合わせがおすすめです。ハンドメイドピーリングでは塩や重曹も大活躍しますが、砂糖の刺激が一番少ないので、最初にトライする時の材料にぴったりです。肌が弱い方はパウダーシュガーを使いましょう。

砂糖には肌のバリア機能を強化する働きがあり、あせもや傷を治癒する作用も兼ね備えています。ヨーグルトと混ぜることでさらにマイルドに作用するので、適量を混ぜ合わせてマッサージしましょう。

使うヨーグルトは加糖されていないプレーンタイプ、砂糖は何でも構いませんが、ミネラル分が豊富な黒糖やきび砂糖を選ぶと美肌効果が高まります。

くすみを解消したい時にも効果的!塩の手作りピーリング

塩のピーリングは、ニキビができやすい方にも最適です。ミネラルが多く、皮膚を修復する力に優れている上、殺菌力も抜群です。塩に含まれるミネラルの中でも、皮脂汚れを落とすのが得意なマグネシウムと収れん力抜群のカリウムはニキビ対策に効果的です。

塩の成分が経皮吸収されると血の巡りも良くなるため、冷えによって肌がくすみがちな方のマッサージにも欠かせません。オリーブオイルやヨーグルトに少量混ぜ、週に1~2度のスペシャルケアに使いましょう。

お砂糖のピーリングほどマイルドに作用しないので、くれぐれもやりすぎは禁物です。

掃除のようの重曹をピーリングに使っても大丈夫?

重曹も手作りピーリングの材料になります。重曹は汚れを浮かして落とす働きがあるので、肌全体の透明感を引き出してくれます。研磨効果の他、脱臭効果もあるので普段から汗の量が多い方、加齢臭が気になるアラフォー世代にも嬉しい魅力があります。

ただし、重曹ピーリングを行う時は食用グレードを使いましょう。掃除用の重曹は、食用グレードほど不純物を徹底的に排除しない可能性があります。また、粒も荒いので、余分なものを含まず粒も細かい食用重曹の方が安心して肌のお手入れに使うことができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする