ピーリングの頻度を誤解していませんか?やり過ぎは逆効果に!

ピーリングの頻度を間違えると逆効果になります。よく勘違いされているピーリングのペースについて詳しくお伝えします。

ピーリング頻度

高くても皮膚科に通うメリットって?ピーリング成功の鍵を握る頻度

ピーリングで肌の様々なトラブルを解消することができます。ドラッグストアでも売れ筋アイテムなので、専用のコーナーが作られるほど人気があるアイテムです。石鹸などセルフピーリングのアイテムは安ければ1,000円しない金額で販売されていますよね。

皮膚科のケミカルピーリングは使用する薬剤によって価格に差が出るので、安ければ1回3,000円程度で済みますが、サリチル酸などを使うと1万円以上かかります。

最低でも3回から5回、症状によっては10回以上繰り返す必要があるので、トータル費用で10万円近くかかることも珍しくありません。ただ、全員が全員安いセルフピーリングを選んでいるわけではありません。皮膚科のケミカルピーリングに通っている方も大勢います。

わざわざ高い費用を出して皮膚科に通うメリットの1つは、専門医に肌の状態を診て貰った上で最適な頻度を決めて貰えるからです。一般的にあまり意識されることはないようですが、頻度はピーリング成功の鍵を握る大事なポイントです。

やり過ぎ?足りない場合も・・・セルフピーリングのリスク

セルフピーリングもメリットがたくさんありますが、実はリスクも高いので注意が必要です。何年か前まで市販されているピーリングアイテムは穏やかに作用するため、そこまで高い効果も期待できない代わりにリスクも少ないと考えられていました。

ところが現在はメディカルコスメが次々に登場し、威力が強いピーリング成分を配合するピーリングアイテムも販売されるようになっています。その結果、刺激が強いピーリング剤を間違った使い方としてしまうせいで肌に悪影響が及ぶケースも・・・。

頻度は本当に重要な要素で、回数が足りなくても思うような効果が出ません。反対に頻繁にやりすぎても肌がボロボロになってしまう恐れがあるため、適切な頻度を見極めることが大前提になります。

皮膚科ではスキンコンディションを診てピーリング剤の種類や濃度を決定し、肌に負担をかけず効果を最大限引き出す頻度を教えて貰えるので、その点は安心です。

グリコール酸とサリチル酸の違い

同じピーリングでもピーリング成分によって適切な頻度は異なります。例えばグリコール酸とサリチル酸ではサリチル酸の威力の方が強いため、ハイペースで施術を受けることはできません。大体月に1度のペースで皮膚科に通うことになるでしょう。

一方グリコール酸は2週間に1度のペースでも問題ありません。サリチル酸もグリコール酸も角質剥離目的で使うピーリング成分ですが、サトウキビなどフルーツ酸由来のグリコール酸はあまり強く作用しません。

ただし濃度や頻度によっては副作用を起こす可能性もあるので、刺激に弱い肌質の方はセルフピーリングを避けてプロにお任せした方が安心かも知れません。

同じ足でも最適な頻度は違う!唇のピーリング頻度は?

ピーリングを行う部位によっても最適な頻度は違います。例えば、同じ足でもカカトや膝など角質が分厚く積み重なり硬くなっている部分なら週に2回ぐらいお手入れしないと中々つるつるにはなりません。

ただし普通の皮膚の部分は週に1回のケアでちょうど良いのでやりすぎないよう気をつけましょう。顔もトラブル肌やデリケート肌は2週間に1回のペースで慎重に行うのが理想的ですが、実は唇はターンオーバーが激しいために週に1回の頻度でも問題ありません。

唇のピーリングはハチミツシュガースクラブなど皮膚に優しい素材を使いましょう。

柑橘王子は週に1~2回の頻度で! オルビスピーリングジェルは?

男性は女性より皮膚が厚く刺激に強い傾向があるため、マイルドタイプのピーリングなら割と頻繁に行っても肌荒れしないようです。例えばメンズ用ピーリングアイテムとして人気がある「柑橘王子」も、週に1~2回の使用が推奨されています。

市販されているピーリング剤の場合アイテムによっても頻度は変わります。オルビスの「アクアピーリングジェル」は週に1回の使用が目安になりますが、「うふ肌美白ピーリングジェル」は週に2~3回使うことができます。

必要以上にお手入れを重ねると新しい角質が育つ暇がなくなり、バリア機能がガタガタになる恐れがあるので要注意です。
・コスメテックスローランド 柑橘王子 フェイシャルピーリングジェルN 200g (1,027円)
・オルビス アクアピーリングジェル 120g (1,715円)
・うふ肌 美白ピーリングジェル 50g (4,280円)※キャンペーン価格980円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする