ピーリングジェルの効果を最大限引き出す使い方!

敏感肌や乾燥肌、ニキビ跡が残る肌にもおすすめ

ホームケア用のピーリング剤にも色々ありますが、ピーリングジェルは皮膚を強くこすらずにピーリングケアを行うことができるので、敏感肌や乾燥肌にもおすすめです。

古い角質を無理なく取り除くことで、クスミやニキビ跡、毛穴やシミなど肌トラブルを改善することができます。美白作用も高いので、肌がワントーン明るく見える効果も。

本当に古い角質がとれる?

ピーリングジェルを使うと、トラブルを抱えた古い角質を優しく取り除くことができます。また、毎日洗顔とクレンジングをしっかり行っていても、毛穴の奥に残るメイク汚れや皮脂を完全に除去することは簡単ではありません。

老廃物も常に排出されているので、毛穴の奥は想像以上に汚れているものです。汚れごときれいに取り除くことができるピーリングジェルは、スペシャルケアとして美肌対策に欠かせません。

化粧水の浸透率もUP

ピーリングジェルで古い角質を除去したあとは、化粧水など基礎化粧品の有効成分がグングン浸透するようになります。ブースター効果も高いので、化粧水の浸透率をアップさせるためにも、定期的にピーリングジェルでお手入れしてみませんか? 翌日のお化粧のノリも良くなる、と実感するユーザーも少なくありません。

ピーリングジェルの正しい使い方

ピーリングジェルの使い方はメーカーによって微妙に異なりますが、基本的に塗って洗い流すだけでOKです。ポロポロとカスが出るタイプもあります。強く擦ると肌の負担になってしまうので、指先に力を入れず、優しく塗布するのがポイントの1つです。ピーリング後は乾燥しやすくなっているので、保湿対策を念入りに行って仕上げましょう。

おしりに使っても良いの?

ピーリングジェルはおしりや肘、膝に使うのもおすすめです。角質が分厚くなり、クスミが激しくなりがちな場所をお手入れして、透明感を取り戻しましょう。普段意識して触ったり観察することがあまりない場所ですが、おしりは血の巡りも悪く、座りっぱなしになることも少なくありません。ふと気がつくとザラザラで黒ずみも目立つ・・・なんてことになりかねません。

足の裏の角質対策に使うこともできるので、ボディ用のピーリングジェルもおすすめです。削り取るタイプの角質ケアより、ピーリングジェルの方が皮膚に負担をかけずにお手入れすることができます。

ピーリングジェルのやり方で一番大事な頻度

ピーリングジェルを使う時に気をつけなくてはいけないのが、頻度です。ピーリングジェルは基本的に塗って流すだけのシンプルなケアアイテムなので「使い方が難しくて分からない」と悩むこともありません。けれど手軽にできてしまうお手入れだけに、つい頻繁にやりたくなってしまうのが問題です。

ピーリングジェルはたった1回でもお肌が本当につるつるになるので、「癖になって毎日やりたくなる」とリピートしたくなることも。使い始めはぶ厚い角質が溜まっているので、1日置きに使っても大丈夫かも知れません。

ただ、溜まっていた角質をある程度取り除くことができたら、週に2回など決められた頻度を守らないと肌荒れの原因になりかねません。一定期間をあけてやり過ぎないよう注意して下さい。

Amazonで売れてるメンズ用ピーリングジェル

最近はメンズ用のピーリングジェルも色々登場しています。アマゾンで特に売れ筋のメンズ用ピーリングジェルをピックアップしたので、参考になれば幸いです。

■エルソワ クリスタル メンズピーリングジェル(エルソワ化粧品)

肌に優しい弱酸性のピーリングジェル。美容成分もたっぷりブレンドされているので、ちょっとした刺激に荒れやすい肌質にもおすすめです。

■柑橘王子 フェイシャルピーリングジェルN(コスメテックスローランド)

ポロポロ擦り落とすタイプのジェル。気になるテカリを抑えます。

■DETクリア ブライト&ピール ピーリングジェリーフォーメン(明色化粧品)

ガスールで汚れを優しく吸着し、洗顔でも落としにくい毛穴汚れまできれいにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする