ピーリングで指のささくれが予防できる?見た目年齢が若くなる秘策とは

ささくれがしょっちゅうできて不快な思いをしているなら、指のピーリングがおすすめです。指先に透明感が出ることで見た目年齢を若く見せる効果もあります。指先専用のピーリングアイテム情報も必読!

ささくれ予防 ピーリング

スポンサーリンク

どうしてささくれができるの?ピーリングは有効?

寒い季節になると指先にささくれができやすくなります。ほんの少しでも指先がむけている状態は見た目にもみっともない印象を与えてしまいますし、せっかくネイルで手元を飾っても雰囲気が壊れてしまう原因になりかねません。

なにかにひっかかってしまって裂け、流血することもあるので注意が必要です。一旦避けてしまうとすぐに治らないのもささくれの厄介なところです。ヒリヒリと痛い思いをしてストレスになった方も多いでしょう。ささくれができる原因は1つではありません。

運動不足や食生活の偏りなど普段の生活習慣の影響が指先に出る、と指摘する専門家もいますが、ストレスも関係しているようです。ただ、皮膚組織が不安定になってめくれやすくなっていることは事実なので、生活を改めストレスをこまめに発散する対策と共に、ピーリングなどのスキンケアも有効な手段になります。

ピーリングで解決!もう二度とささくれができないように

しょっちゅうささくれができると悩んでいるなら、状態が落ち着いている時を狙って指先をピーリングしましょう。顔の皮膚と同じように、指の皮膚もお手入れ不足で角質が溜まってしまいます。角質が蓄積されるとターンオーバーも乱れやすくなります。

年齢を重ねるほどささくれができやすくなるのは、代謝力が衰え角質もぶ厚くなってしまうからです。加齢の影響で肌が乾燥しやすくなることも影響しています。週に2回ほど集中して手元のピーリングに励めば、古い角質も剥がれて肌をリセットしやすくなります。

手に年齢が出る?指ピーリングのアンチエイジング効果

首や口元、目尻のシワなど年齢が出るパーツは色々ありますが、指もその1つです。指先にささくれができて荒れていると、生活感丸出しで疲れている雰囲気をかもし出してしまいかねません。ささくれが治っても皮膚がくすんでいると年齢以上に老けて見られてしまいます

若々しい透明感溢れる指先にするためにも、定期的にピーリングでケアすることが効果的な秘策になります。いわゆる若作りと言われてしまう人は、顔のアンチエイジングに一生懸命になりすぎて首や指先のお手入れがおろそかになってしまう傾向があります。

顔の肌だけきれいなのに他のパーツの肌のクスミが目立つと、そのギャップで「無理している」、「不自然」なんて思われてしまう恐れがあります。細かい部分も案外人の視線が集まるものなので、指先まできれいにして自分の自信につなげましょう。

手の指専用のピーリングジェルも狙い目

足専用の角質ケアアイテムはよくみかけますが、指のお手入れのためのピーリングアイテムは中々ありませんよね。ここでは貴重な手&指専用のピーリングジェルをご紹介します。

ハンドピーリングジェル ルミナピール

東証一部上場企業(株)北の達人コーポレーションが開発・販売を手がける手の甲専用のピーリングジェル。画期的な発想と確かな効果が評価され、国際機関のモンド・セレクションでも銀賞を受賞しています。

紫外線を浴びて肌にメラニンが発生すると、手を洗ったぐらいでは落とすことはできません。ルミナピールはカモミールから抽出したビサボロールやホエイなど自然由来のピーリング&ブライトニング成分を配合し、優しくクスミをオフします。

ソメイヨシノ葉エキスなど美肌成分も9種類も入っているので、1回お手入れする度に驚くほど手に透明感が出ると絶賛されています。全額返金保証サービスもついているので、合うかどうか心配な方も安心して注文しやすいのではないでしょうか。