ピーリングとハイドロキノンの併用で効果が倍増するってホント!?

ピーリングのあと、ハイドロキノンを使っても大丈夫なのでしょうか。相乗効果を狙う併用作戦も人気がありますが、肌が弱い方だと「刺激が強過ぎるのでは?」と不安に感じるかも知れません。

自宅で使う時の頻度や量!そもそもハイドロキノンとは

ピーリングとの相性が気になるハイドロキノンとは、元々コーヒーや苺などから抽出させる天然の美白成分です。還元作用、酸化防止力が強く、アンチエイジング対策、美白対策として一定の効果を発揮することが認められています。

ハイドロキノンは酵素チロジナーゼの働きを阻害してメラニンの生成を邪魔する働き、メラニン色素を生み出すメラノサイト自体に作用し、数を減らす働きをするのが最大の特徴です。つまり、これから新たなシミができないよう予防すること、今あるシミを減らすこと・・・このダブルアプローチが可能です。

ただし、ハイドロキノンは威力が強く扱いが難しいため、基本的には皮膚科で処方して貰うのが理想的です。薬事法が改正され、現在ハイドロキノン配合のコスメが次々に販売されるようになりましたが、自宅で使う時は自己責任になるので、肌に合った濃度を選ぶようにしましょう。メーカー毎に推奨されている頻度や量を厳守することが大切です。

皮膚科でもピーリングと併用!ハイドロキノンの効果を上げる方法

既に評判になっているように、ピーリングとハイドロキノンを併用するのは、本当に効果がある方法です。皮膚科でもピーリングとハイドロキノンを一緒に使う方法は採用されているので、安全性に関しても問題ありません。

ハイドロキノンは既にあるシミを薄くしたい方、これからできるシミに備えたい方にぴったりの成分ですが、この美白成分の効果をさらに引き上げるためには、ピーリングが効果的です。

ピーリングは加齢や生活習慣の影響で分厚くなった角質を落とし、皮膚のターンオーバーを促進する効果があります。新陳代謝を促しながらシミの原因に働きかけることで、シミを追い出しシミを予防する力を倍増させることができます。

ピーリング石鹸のあとハイドロキノン化粧水・・・でOK?

低濃度のハイドロキノンコスメなら市販されているので、ピーリングアイテムと一緒に使ってお手入れするのは難しくありません。一番手っ取り早いのは、ハイドロキノン配合のピーリング石鹸かも知れません。

濃度にもよりますが、クレンジングのあと、週に2~3回のペースで顔を洗うだけで良いので本当に簡単です。また、ピーリング石鹸で顔を洗ったあと、ハイドロキノンクリームを使う方法、洗顔後にピーリングジェル、ハイドロキノンクリームでお手入れする方法もあります。

ニキビにも効果的・・・ピーリング以外はトレチノインもおすすめ

ビタミンC誘導体やトレチノインも、ピーリング同様、ハイドロキノンの効果を高める成分です。ビタミンC誘導体は、有効成分が壊れやすく不安定なビタミンCを扱いやすいよう安定させたものです。コラーゲン生成にも関与し、皮膚の代謝を促進してメラニンを追い出してくれます。

一方、トレチノインは皮膚科で処方して貰わなければならないほど、ハイドロキノン以上に扱いが難しい成分ですが、その分素晴らしい美容効果を期待することができます。シミやそばかす、色素沈着、肝斑の他、ニキビやニキビ跡にも効果的です。

人気ランキングトップ!ハイドロキノン配合のピーリング洗顔石鹸ベスト3

ハイドロキノンがブレンドしてあるピーリング石鹸は、ピーリングやハイドロキノン初心者にもおすすめです。特に人気があるものをピックアップしました。

■スキンピールバー ハイドロキノール (5,000円)

AHA配合のピーリング石鹸に、ハイドロキノンをブレンド。最初は週に1回のスペシャルケアとして始め、慣れてきてから週に2~3回お手入れするペースにしましょう。合うかどうか心配な方は1つ500 円程度のお試しサイズもおすすめ!

■BIHAKUEN(ビハクエン)ハイドロキノンソープ (2,000円)

穏やかなピーリング作用を持つ竹炭とハイドロキノンの洗顔石鹸。ハイドロキノンと相性が良いビタミンC誘導体の他、ペプチドやパールパウダー、ヒアルロン酸など保湿成分もたっぷりブレンドしています。パラベン、石油系界面合成活性剤、合成香料、合成着色料などの添加物を使用しない低刺激性にこだわった石鹸なので、肌の強さに自信がない方でも安心して使えると評判です。

■プラスソープHQ (4,000円)

サトウキビ、熟す前の葡萄、パイナップルから抽出されるグリコール酸と炭をピーリング成分として配合している自然派の石鹸。ハイドロキノンも1%以下の濃度でブレンドしているので、ハイドロキノンデビューにもぴったりです。