ピーリングで毛穴の黒ずみはとれる!?果たして真相は?

毎日クレンジング、洗顔をしていても、いつの間にか毛穴の黒ずみが目立つようになることは、珍しいことではありません。

ドラッグストアでも毛穴トラブル専用のコーナーがあるように、多くの人が直面しやすい問題の1つです。ある程度黒ずみが激しくなると、普段のスキンケアで頑張っても全然効果がないことが・・・。

果たして手に負えないと感じたひどい毛穴の黒ずみにピーリングは有効なのでしょうか。

毛穴の黒ずみの正体

毛穴の黒ずみがファンデーションやコンシーラーでも隠せないようになったら、もう後回しにはできないサインです。軽い黒ずみなら洗顔料やクレンジングの工夫で目立たなくすることも可能ですが、年季の入った黒ずみをきれいにするには、根本的な対策が必要です。

そもそも毛穴の黒ずみは、何の汚れなのでしょうか。毛穴に詰まる汚れは、角質や皮脂が混ざり合った角栓です。毛穴に詰まった角栓が空気に触れて酸化すると、黒く変色します。

また、毛穴の奥で摩擦や紫外線による被害が及び、メラニン色素が増えたことで黒くなるメラニン毛穴の可能性も否定できません。要するに、毛穴が日焼けしてしまっている状態です。

そうなの?毛穴パックで逆効果になる理由

毛穴の黒ずみ用のパックで何回もケアしているのに、一向に黒ずみがきれいにならない・・・と感じている女性も多いようです。毛穴パックも正しい方法で使えば頼りになるアイテムですが、度々使うと逆効果になる可能性があるのでご注意下さい。

しょっちゅう使ううちに皮脂腺が刺激を受け、余計皮脂量を増やしてしまう反応を起こすこともあります。特に粘着力が強過ぎるパックだと、剥がす時に角栓だけではなく、肌に必要な天然の潤い成分まで剥ぎ取ってしまい、バリア層がぼろぼろになることもあります。

また、一度に角栓を抜いてしまうことで、穴が開いたようになったしまった毛穴は、雑菌が入り込みやすい危険な状態です。普段以上に丁寧なスキンケアを心がけないといけません。

アフターケアをきちんとしなかったために毛穴が大きく広がり、余計汚れやすくなってしまうパターンも珍しくありません。毛穴パックのあとは引き締めローションでお手入れしましょう。

レーザーより手軽!ケミカルピーリングで毛穴の黒ずみを溶かす施術

ピーリングは角質を取り除き、肌に透明感を出したり、ニキビ跡、色素沈着をきれいにする施術として有名ですよね。実は毛穴の黒ずみにも有効です。ピーリングに使うピーリング剤は色々ありますが、毛穴に詰まった黒い角栓を溶かし出す働きもあります。

角質ケアと同じように、たった1回で100%きれいにするのではなく、何回か通い、自然に角質を取り除くサポートをして貰う印象です。コラーゲンを増やす効果、皮脂の分泌を抑える効果、毛穴を引き締める効果など、肌に嬉しい作用もたくさんあるので、是非試してみて下さい。

医療機関で行う毛穴の黒ずみ治療は他にフラクショナルCO2レーザーもありますが、レーザーよりピーリングの方が治療回数も多く、1回あたりの費用も高くなります。施術後のダウンタイムもレーザーのように激しくないので、治療の翌日からは普通通りに生活することができるのも魅力です。

黒ずみ毛穴に特化したピーリング剤

黒ずみ毛穴にお悩みなら、家庭用のケミカルピーリング剤から試してみるのがおすすめです。毛穴のトラブルに特化したものも少なくありません。

■きらりのつくりかた(5,400円※初回は1,980円)

植物由来の成分をたっぷり配合し、肌に負担をかけずに毛穴の奥の汚れをきれいにしてくれるピーリングジェルです。

パラベン、シリコン、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤など、少しでも肌にダメージを与える可能性がある成分は排除した無添加仕様。毛穴の黒ずみの他、シミやソバカス、くすみ、乾燥、ごわつき、ざらつきもまとめてケアできるのが魅力で、美白効果も高いと評判です。

■タカミスキンピール(4,950円)

黒ずみ毛穴の他、しぼんで縦に伸びた毛穴、開ききってしまった毛穴、たるんでしまった毛穴など、あらゆる毛穴トラブルのために開発されたピーリングローションです。

アルコールやパラベン、香料、着色料など、肌に刺激を与える可能性がある成分も含みません。800回以上美容系の雑誌に掲載されたことでも注目を集めている実力派なので、試してみる価値が高いのではないでしょうか。