ピーリングより効果大! リプロスキンでクレーターが完治!?

リプロスキンはピーリングケアよりニキビ跡に効果的、と口コミでも評判です。効くと言われる科学的根拠を分かりやすく解説!

スポンサーリンク

楽天人気ナンバー1!リプロスキンはピーリング以上の効果?

ピーリングよりもニキビ跡に効くと注目を集めているのが、ニキビトラブル専用のローション、リプロスキンです。楽天のニキビ跡ケアランキングでも、使用感や柔軟感、浸透力、変化を実感する部門で堂々の1位に輝き、既に85万本以上売れている大ヒットローションです。

2018年にはミス・ユニバースジャパン新潟の公認スキンケアアイテムとして選ばれたことも話題になりました。リプロスキンでお手入れすると、肌の柔軟性がアップします。あまり知られていませんが、ニキビ跡を完治させるためには、皮膚を柔らかくすることが不可欠です。

クレーター化したニキビ跡がローションで完治!口コミは怪しい?

リプロスキンの口コミの中には「クレーター化したニキビ跡も完治しました」なんてものも。一般的に、クレーター化するほど重症のニキビ跡をスキンケアだけで治すのは簡単ではありません。口コミ評価が良すぎて怪しいと感じる方もいらっしゃるかも知れません。

ただ、リプロスキンは売れているだけではなく、使用したユーザーの満足度が高いことでも有名です。もし口コミ評判が嘘で効かないなら、累計販売数は伸びていてもユーザー満足度は下がるはずです。

ところが、リプロスキンは満足度アンケートでも96.1%を記録しています。もちろん、薬ではなく化粧品なのでつけたら即治すことができるわけではなく、一定の時間がかかります。

ただ、実際に使って症状が改善した方が続出していることからも、リプロスキンは本当にニキビ跡に効くと考えることができるのではないでしょうか。

普通のスキンケアがニキビ跡に効かない理由

これまで、ローションなどセルフスキンケアアイテムだけでニキビ跡を治すのは、ほぼ不可能と考えられてきました。事実、ニキビ跡に効くと評判のケアアイテムを試して、満足できなかった経験がある方もいらっしゃるでしょう。

普通のスキンケアアイテムが効かない理由の1つは、肌の柔軟性が足りないからです。皮膚が硬くなっていると、どんなに効果がある有効成分を塗布しても、肌の奥まで浸透することができません

ニキビが繰り返しできた肌は硬く、ゴワゴワしているのが特徴で、浸透率が高いローションや美容液を塗っても、表面で弾き返してしまいます。そこでリプロスキンは肌自体の柔軟性を高めて浸透力を引き上げる作戦を考えました。

リプロスキンがピーリング以上に効果が出るメカニズム

リプロスキンは、オリジナル技術のナノBテクノロジー3.0によって、肌の浸透力を一気に向上させることに成功しています。浸透性に乏しい肌にもスムーズに有効成分が届くよう、独自技術を駆使しています。

そのため、ニキビ跡改善のために厳選した16種類もの美容成分が、余すところなく破壊された組織層まで到達。有効成分が100ナノ以下まで超微細化されているので、スピーディーに深部まで届き、細胞に直接働きかけることが可能です。

しかも、潤い成分は皮膚表面に留まり、じっくり保湿できるよう、肌を内側と外側からサンドイッチ構造でダブルアプローチすることができます。ピーリングのように化学成分で角質を剥がす方法ではなく、オリジナル技術で浸透率を高め、肌を柔らかくすることから、リプロスキンはピーリング以上の効果があると絶賛されています。

角質を無理やり剥がさないため、敏感肌でも安心して使うことができるところも注目ポイントです。

効果を最大限引き出す使い方

リプロスキンは使い方も簡単です。容器を3~5回ほど振って適量を手に取り出したら、手のひらで軽く温めます。このプロセスはさっと済ませましょう。ほんの数秒で構いません。

リプロスキンは本当に浸透率が高いので、時間をかけすぎると肝心な有効成分が手のひらに吸い込まれてしまう可能性があるので気をつけて下さい。

手のひらで温度を上げ、さらに浸透率を高めたリプロスキンを、顔全体に広げましょう。朝、夕2回の使用でOKです。

注意!ピーリングとリプロスキンの併用はNG

リプロスキンはピーリングに共通する作用があるので、ピーリング剤と一緒に使うと皮膚に強い負担がかかる可能性があります。

ピーリング石鹸やピーリングローションなどのピーリング剤を使う時は、リプロスキンの使用をお休みしましょう。角質を剥がし過ぎると、新しい皮膚が育つ暇がなくなります。

ターンオーバーを促進し、肌を育てるためにも、リプロスキンとピーリング剤の併用は避けましょう。