いちご鼻はピーリングで治る?市販の石鹸より皮膚科の治療効果が効く理由

お化粧ではごまかせないほどいちご鼻がひどいなら、皮膚科のピーリング治療を受けることを検討してみて下さい。市販のピーリングアイテムと皮膚科の治療の違いについて、詳しくお伝えします。

いちご鼻 ピーリング

10中9人は洗いすぎが原因で毛穴が黒ずむ!石鹸で洗えば洗うほどひどくなる?

いちご鼻に気づいた女性のうち10人9人、洗浄力が強い洗顔料やクレンジングに切り替えているはずです。ところが、きちんと洗っても毛穴トラブルはひどくなるばかり・・・。

実は、専門家の多くも「毛穴の黒ずみを取りたいならなるべく洗わないように」と主張しています。確かに毛穴の黒ずみは落としきれないメイク汚れや古くなった角栓です。こういった油性の汚れを落とすためにはオイルクレンジングなどを使って取り除かなければいけません。

ただ、過剰なクレンジングや洗顔、毛穴パックが毛穴トラブルの原因になっている場合、やればやるほど皮膚が疲れ、皮脂腺が刺激されて皮脂の分泌量が増えてしまう悪循環に陥りがちです。

毛穴トラブルを抱える女性の9割は強いクレンジングや洗顔料による洗いすぎが原因で毛穴が黒ずんでいる、なんてデータも報告されています。毛穴の開きや黒ずみが気になる時は、強いクレンジング剤を使わなくても済むようメイクを控える作戦に切り替えることも検討しましょう。

セルフケアの限界を感じたら・・・ピーリングで今度こそいちご鼻を治そう!

いちご鼻もひどくなると、セルフケアだけで治すのが難しくなります。スキンケアの限界を感じたら、これ以上こじらせる前に皮膚科に相談してみませんか?

いちご鼻にはピーリングが有効です。「ピーリング石鹸ならとっくに試してみた」なんて方もいらっしゃるかも知れませんが、市販のピーリングケアと皮膚科の治療は雲泥の差があります。

最近はピーリング成分の濃度が濃いメディカルコスメも登場していますが、市販のピーリングアイテムはどんな肌質の方が使うか分からないため、副作用などの問題が起きないようあまりピーリング成分を多く配合していません。

そのため、効き目がマイルドすぎて、人によっては思うような効果を実感できないことも珍しくありません。

セルフケアと皮膚科ピーリング最大の違い

その点、皮膚科では、現在の肌の状態を把握した上で、副作用リスクを最小限に抑えつつ、効果を最大限引き出すピーリング成分と濃度をしっかり見極めてくれます。

医師が「耐えられる」と判断したら、市販のピーリングアイテムより何倍も強いピーリング剤が処方されることもあります。また、ピーリングのセルフケアであまりうまくいかないのは、施術したあとのアフターケアが十分ではない可能性が強いことも関係しています。

ピーリングの後は普段とは比べものにならないほど、肌の状態はデリケートになっています。古い角質をピーリング成分で無理やり剥がすので、強い負担がかかっていることは間違いありません。

それなのにピーリング後、普段通りのスキンケアで済ませてしまうと肌が荒れる原因になりかねません。皮膚科では保湿やクールダウンなどアフターケアまで万全に行うため、施術効果を極限まで引き出すことが可能です。

ピーリング以外の治療法もチェック

皮膚科のいちご鼻治療は、ピーリング以外にもあります。いちご鼻の症状が軽ければ、塗り薬だけで治すことも可能です。

保湿や血行促進効果、抗炎症作用が強いヒルドイドクリームや毛穴の詰まりを除去するディフェリンゲル、消炎作用や鎮痛作用に優れ、白ニキビや黒ニキビを改善するイオウカンフルローションもよく処方される塗り薬です。

メラニン色素が蓄積し黒いポツポツになっている色素沈着系のいちご鼻には、ハイドロキノンも有効です。塗り薬でもたちうちできない症状にはレーザー治療が提案されることもありますが、費用は安くありません。

麻酔テープやクリームを使わないと耐えがたいほどの痛みが生じることもあるので、痛みが苦手な方はピーリング治療の方が合っているでしょう。

ピーリングでいちご鼻を治すと1回いくら?

いちご鼻を解消し、毛穴の開きも改善してターンオーバーを促進する効果も得られるところが、ピーリング治療の魅力です。ピーリングの費用はクリニックによって異なり、症状によっても必要な回数は違います。

大体1回5,000円から1,5000円ほどの施術を5~6回繰り返すとしっかり治すことができます。自費診療扱いになるので健康保険は適用されませんが、麻酔を使うほど強烈な痛みが発生することはないので、リラックスして施術を受けることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする