洗い流すタイプのピーリング剤にはどんなメリットが?市販のおすすめ5選

AHA石鹸など自宅でできるピーリングは全部で4種類

美容皮膚科でも人気のメニュー、ピーリングは自宅でもトライすることができます。ホームケア用のピーリング剤は洗い流すタイプなど全部で4種類あります。AHA石鹸も有名ですよね。

■ピーリング石鹸
■塗って擦り落とすタイプ
■塗って洗い流すタイプ
■洗い流さないタイプ

広い意味で言えばピーリング石鹸や擦り落とすタイプも最終的に水やぬるま湯で洗い流すので、”塗って洗い流すタイプ”に分類できるかも知れません。

塗って洗いながらすタイプのピーリング剤の魅力

塗って洗い流すだけで良いピーリング剤は、ピーリング石鹸のように泡立てる手間暇がなく、擦り取るタイプよりも肌に負担をかけにくいのが特徴的です。しかもピーリング石鹸よりもピーリング効果が高いのも魅力です。ただし、肌を痛めないよう、ほとんどのピーリング剤は1週間に1回程度の頻度で行うことを推奨しています。定期的に行うスペシャルケアとして活用しましょう。洗い流さないタイプのピーリング剤はピーリング成分の濃度が低いので、人によっては物足りないと感じることもあるかも知れません。

塗って洗い流すタイプのピーリング剤を使う時に気をつけたいこと

具体的な使用方法はメーカーによって異なりますが、基本的に顔を洗ったあとに使います。メイクや汚れが残っているとピーリング威力が弱まってしまうので、お化粧をしたあとはクレンジング剤でしっかり素肌に戻してから、ピーリングケアを行いましょう。また、刺激を感じやすいので、肌が特に敏感になる生理日前後は避けた方が無難です。

市販の洗い流すタイプのピーリングおすすめ5選

口コミでも特に評価が高い洗い流すタイプのピーリング剤をピックアップしました。ポロポロとカスが出るまで擦るタイプのピーリング剤が少なくありませんが、肌が弱いと摩擦が刺激になる可能性も否定できません。皮膚に最小限の負担でピーリングを行うためにも、擦らずに洗い流すだけで良いピーリング剤を厳選しています。

①セラMDピーリングキット(4,300円)

ピーリング成分としてAHA(グリコール酸)を12%配合した威力の高いピーリング剤で、美容皮膚科で行われている本格的なピーリングに近い作用を期待することができます。ピーリングローションを塗布して5分待ってから洗い流しましょう。ハケや取り分け容器もセットになっているので、自分で用意する必要がありません。香料や着色料、防腐剤もフリー。

②ドクターYクラリファイングミルク1・2(8,500円)

乳酸とサリチル酸を配合したピーリング剤と中和剤のセット。ノーメイクの時は乾いた皮膚にそのまま1のミルクを塗布し、2分ほどピーリングしてから2のミルクを塗って中和します。簡単2ステップで美容皮膚科のピーリングを体験することができます。中和後は拭き取るか顔を洗って整えましょう。メイクをしている時はクレンジング後、水気を拭き取ってからミルク1と2を順番に塗っていつも通り顔を洗うだけでOKです。

③テンデシカ(3,200円)

ピーリングもできる濃密泡洗顔料。5種類の天然フルーツ酸が配合されているので、容器から出てくる泡を顔にのせて流すだけで手軽にピーリングケアができます。ワンプッシュで超微泡が出てくるので、時間に余裕がない時でもお手入れが苦になりません。泡をのせる時間も1分程度でOKです。

④ラッシュ パワーマスク(908円)

パックを塗って10~15分後に洗い流すだけで良い簡単ピーリング。巨大口コミサイト、アットコスメでも度々賞を受賞している実力派です。125gの少量タイプは1,000円しない金額で買えるので、おためしにもぴったりです。穏やかに角質を取り除いてくれるので、初期のニキビ対策や予防対策にも使えます。

⑤セルビック クリアアップゲル(5,300円)

塗布後、2分してから洗い流すだけでピーリングできるジェル。塗ってすぐ落とす使い方なら、クレンジング剤としても使用可能。ピーリング剤として使う時は週に1~2回のスペシャルケアにしましょう。ゲルの吸着力で古い角質を落とすので、ピーリング初心者や敏感肌のお手入れにもぴったりです。