パックもNG?毛穴ケアを台無しにする3大原因

毛穴ケア専用のアイテムでお手入れしているのに、小鼻やほおの黒いポツポツがひどくなる一方・・・とお悩みではありませんか?
もしかすると毛穴ケアを台無しにする間違った対策方法に励んでいるのかも知れないので、一読して当てはまるかどうかチェックしてみて下さい。

毛穴ケア 台無し

スポンサーリンク

毛穴トラブルを悪化させる間違ったケア方法その1:パックや綿棒に要注意

ドラッグストアでも専門のコーナーがあるほど、毛穴関連のトラブルを抱えている方は大勢いらっしゃいます。毛穴の汚れを徹底的に除去するためのパックもたくさんありますが、実はこういったアイテムも間違った毛穴ケアの1つ。

毛穴の汚れを取り除くためには溜まった皮脂などの汚れを洗い流す必要がありますが、皮脂のとり過ぎは逆効果です。

綿棒で角栓を押し出すような乱暴な方法は論外ですが、評判の毛穴パックもやり過ぎてしまうと、皮脂腺を刺激し、今までよりたっぷり皮脂が分泌される原因になりかねません。

あぶらとり紙も、かえって皮脂分泌を活発にする要注意アイテムです。

毛穴トラブルを悪化させる間違ったケア方法その2:決定的に不足している可能性があるビタミンは?

毛穴を本格的にケアするためには、パックや化粧水など化粧品を使ったアプローチはもちろん、食生活など生活習慣も見直す必要があります。毛穴トラブルに悩む方の食生活を調べてみると、ほとんどの場合、ビタミンBなどの栄養素が足りないことが分かります。

なぜなら、ビタミンBは皮脂分泌をコントロールする重要な栄養素。いくらスキンケアで頑張っても、身体の内側から土台を整えないことには、焼け石に水状態になってしまいます。飲酒や喫煙で失われる栄養素も多いので、食生活に自信がない時は他の生活習慣も改めつつ、マルチビタミンなどのサプリメントもおおいに活用しましょう。

毛穴トラブルを悪化させる間違ったケア方法その3:ストレス

毛穴ケアをきちんと続けているのに黒ずみが居座り続けているなら、もしかするとストレスも影響しているのも知れません。女性も強いストレスを感じると、交感神経が優位になり、男性ホルモンが積極的に分泌されて皮脂の分泌量も増えてしまいます。

そのため、毛穴も汚れやすくなりますし、「口の周りの産毛が濃くなって目立つ!」なんて新たな悩みを抱える事態になる女性も。毛穴の悩みを1日でも早く手放せるよう、お肌のお手入れだけではなく、メンタル面のケアにも気を配りましょう。

ちなみに、睡眠不足状態だと普段よりストレスを感じやすくなるので、毛穴の黒ずみが気になる時はいつもより早く寝て十分な睡眠を確保するように心がけましょう。

美顔器を使う時も注意!エステや皮膚科の毛穴ケアで必ずやるあることって?

フェイスパックなどで直接毛穴をケアする時は、アフターケアも丁寧に行うことが鉄則です。また、毛穴の黒ずみを落とすためのピーリング系、スチーム系美顔器も、お手入れのあと保湿と引き締めをしっかりしないと、毛穴が開きっぱなしになり、かえって乾燥や汚れがひどくなる可能性があります。

毛穴のお掃除のあとは潤いを十分に与え、毛穴を引き締める収れん化粧水などで肌全体を整える対策が欠かせません。このアフターケアを省いているために、せっかくの毛穴ケア効果が台無しになっているケースは数え切れません。

エステや皮膚科でプロにお手入れしてもらう時は、クールダウンなど必ず毛穴を引き締めるためのアプローチが行われます。

鼻に部分的に使う方法も・・・おすすめ化粧水成分

毛穴ケアのあとは化粧水で丁寧にお手入れして下さい。ただ保湿するだけでも毛穴のソフトな収れん作用があることが分かっていますが、毛穴トラブルを抱えている時は引き締めるための成分が入っている化粧水を意識して選ぶことが大事です。

もし収れん化粧水の刺激が強い、と感じる時は、小鼻など毛穴が気になる部分だけ使用するのもおすすめです。収れん作用に優れた化粧水成分をピックアップしたので、参考にして下さい。

また、一般的な食塩と同じ塩化ナトリウムも収れん作用が高く、肌の丈夫な方は塩でスクラブパックにトライする方も。

~収れん作用がある化粧水成分まとめ~

・ハマメリスエキス
・アーティチョーク葉エキス
・コショウソウ芽エキス
・イノバラ果実エキス
・イタドリ根エキス