洗顔の洗い方を変えるだけで毛穴トラブルが解消できる簡単な方法!?

深刻な毛穴トラブルは洗顔時の洗い方が原因の1つになっているかも知れません。正しい洗い方、NG洗顔方法をお伝えします。

毛穴ケアの洗顔方法

毛穴パックで毛穴詰まりや毛穴開きがひどくなる?

毛穴トラブルは洗顔の時の洗い方1つで劇的に改善します。毛穴トラブルの解決方法として、よく毛穴パックなどのスペシャルケアアイテムが選ばれますよね。けれどこういったアイテムはリピーターが多いのが特徴です。

理想の状態は、毛穴パックを使わなくても、普段のクレンジングと洗顔だけで毛穴が詰まらない状態ですよね。毛穴パックを使えば黒ずみがきれいになるものの、定期的に使用しないといけないようでは、ちょっと頼り過ぎかも知れません。

中には毎日連続使用している方や1日置きに使う依存度が高い方も。依存しなければならない理由は、毛穴パックには毛穴トラブルを根本的に解決する力が足りないからです。

ほんの一時だけ改善されても、毛穴パックを連続使用する限り、毛穴トラブルは慢性化する一方です。むしろ以前よりひどくなっていると、感じるかも知れません。

洗顔ブラシやメンズ用は逆効果?鼻の黒ずみがひどくなる毛穴アイテム

毛穴パックの他、洗顔ブラシや洗浄力が強いメンズ用洗顔料なども、鼻の黒ずみがひどくなる毛穴アイテムです。要するに、毛穴にとって洗いすぎがよくありません

毛穴が汚れているからと言って、洗浄力の強い洗顔料、スペシャルケアに頼りすぎると、肌に必要な潤い成分や角質、皮脂まで徹底的に取り去られてしまい、極度の乾燥状態が引き起こされやすくなります。

肌が砂漠のようになっている」と敏感に察知した皮脂腺は、潤いを取り戻すために皮脂を大量に分泌し始めるので、お手入れを始める以前よりももっと肌のギトギトが進行し、毛穴が塞がれやすくなります。

口コミで評判のsuisaiは本当におすすめ?人気ランキングトップの洗顔料をチェック

カネボウのスイサイパウダーウォッシュは、人気ランキングで常にトップにランクインしている洗顔料です。毛穴トラブルに効く洗顔料としても有名ですよね。

タンパク質分解酵素(プロテアーゼ)、皮脂分解酵素(リパーゼ)の他、アミノ酸系の洗浄成分も入っているので、肌に残る古い角質や毛穴深部の汚れまでさっぱり洗い流すことができます。

角栓を取り除く効果も抜群ですが、やはり肌にかかる負担も大きいため、連続使用は避けましょう。エタノールやパラベンなどの添加物も含まれているので、毎日使うのはおすすめできません。

・カネボウ suisai (スイサイ)洗顔パウダー ビューティクリアパウダーウォッシュ 15個(963円)※トライアルサイズ

市販のプチプラ洗顔料でもOK!鼻の角栓を洗顔だけで取る洗い方

皮脂腺を不要に刺激しないためにも、洗浄力重視の洗顔料選びは間違っています。鼻の角栓詰まりなど、毛穴詰まりにお悩みなら、まずはスキンケアの効果に即効性を期待するのをやめることから始めましょう。

即効性抜群のスペシャルケアは肌ダメージも強く、長期スパンで考えるとマイナスの影響を与えている確率が高いようです。そのため、プチプラでも構わないのでできるだけ刺激が少ない洗顔料を選び、洗顔の基本に立ち戻って皮膚を疲れさせない洗顔の仕方を徹底しましょう。

とても地味な作業ですが、正しい方法で洗顔し、しっかり保湿するケアを欠かさなければ、次第に肌の環境は改善されます。皮膚全体の健康を取り戻せば、毛穴の自浄作用も働いて、クレンジングと洗顔だけで毛穴もきれいになります。

結果が出るまで、ターンオーバーの周期にもよりますが、28日から1ヶ月ぐらいは様子を見ましょう。

~毛穴のための洗顔のコツ~

  • 体温以上の熱いお湯は使わない
  • 手指も含め、予備洗いを丁寧に行う
  • 指で擦るのではなく泡を撫でるようにして洗う
  • Tゾーンや小鼻など皮脂分泌量が多いパーツから洗う

洗わなすぎも厳禁

毛穴のための洗顔方法に限らず、肌を健やかに保つためには、洗いすぎもよくありませんが、洗わなすぎもダメです。肌は24時間皮脂を分泌し続け、汗もかきます。

目に見えないだけで顔にも菌がうようよしているので、外出しない日でも洗顔料を使ってきちんと洗いましょう。毛穴が塞がれたまま放置し続けると、ニキビや吹き出ものの原因になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする