アレルギー反応?ヨーグルトを食べすぎて太った人が急増中!

栄養満点のヨーグルトはダイエット中に欠かせないパートナーです。ただ、体質によってはヨーグルトのせいでアレルギー反応が引き起こされ、太ってしまうこともあるので注意が必要です。

アレルギー ヨーグルト

便秘にも効果的なのに・・・ヨーグルトダイエットで体重が増えた!

今まさにヨーグルトダイエットを始めようと思っている方もいらっしゃると思いますが、ヨーグルトで太る可能性があることも頭に入れておいて下さい。

ヨーグルトは数あるダイエットフードの中でも特に有名で、カロリーが低いのに乳酸菌やカルシウムなど身体に良い栄養価をたくさん含んでいます。あまり知られていませんが、カルシウムも脂肪分解効果を発揮するので、食事の前に食べるだけで肥満を予防してくれます。

間食として食べて1日の総摂取カロリーを抑える方法も人気がありますが、はやく確実に痩せたい方はヨーグルトを主食にするヨーグルト断食が効果的です。便秘のせいで太っている方にも効果てきめんです。

ところが、ヨーグルトダイエットを続けても体重がまったく落ちない方がいます。現状維持どころか、体重が前よりも増えてしまうケースもあるようです。大多数の人がヨーグルトダイエットで減量に成功する中、どうして太ってしまう方がいるのでしょうか。

症状はすぐ出ない!ヨーグルトの遅発性アレルギーがダイエットを邪魔する?

実は、ヨーグルトダイエットに取り組んで体重が増えてしまった場合、アレルギー体質の可能性があります。一般的なアレルギーはアレルゲンを口にしたあと、すぐに吐き気や湿疹などの症状に見舞われます。

けれどアレルギーは即発性と遅発性の2種類あり、遅発性だと食べて数時間しても何も反応が出ません。数日経ってようやく身体が反応しますが、即時性の症状とは異なり便秘などすぐに違和感を覚えにくいものが大半です。

しかも遅発性アレルギー反応は長期スパンで身体に異常が出るので、「なんとなく調子が悪い」ということは自覚できても、ヨーグルトのせいだとは気づきにくいところが厄介です。

え、日本で検査することはできないの?

ヨーグルトダイエットに真面目に取り組んでも効果が出ない場合、ヨーグルトの遅発性アレルギーの可能性がありますが、残念ながら現時点では日本の医療機関で遅発性のアレルギーを検査できるところはほとんどありません

一般的な病院のアレルギー検査は基本的に即時性のものが対象です。最近は少しずつ遅発性アレルギーの検査を行う医療機関も増えていますが、それでも検査を実施しているところは限られています。

また、費用も壁の1つで、遅延性アレルギーの検査や相談だけで20,000円以上かかるクリニックもあります。セルフ検査キットを買うこともできますが、やはり1セット20,000円近くするので気軽に受けられるものではありません。

赤ちゃんの頃から牛乳で蕁麻疹反応が出る方は要注意!下痢や慢性鼻炎など遅発性アレルギーの特有症状

もし検査を受けるとしても、ある程度ヨーグルトアレルギーだと確定してからの方が無駄打ちにならずに済みます。見分ける方法としては、ヨーグルトダイエットを継続しても身体が快適にならないことを確かめるのが一番です。

体重増加も遅発性アレルギーの典型的な症状。本来ヨーグルトダイエットに本格的に取り組めば、腸内環境も改善されて余分な脂肪を落ち、体調が良くなる確率が高いはずです。

それなのに体重が減るどころか増えてしまい、下痢や便秘などの不調に見舞われている場合は遅発性アレルギーの疑いが濃厚です。元々小さい頃から牛乳で下痢や蕁麻疹などの反応が出る方も要注意です。

遅延性アレルギーの特有症状

・外皮系の不調(蕁麻疹、湿疹、ニキビ、フケ、疱疹状皮膚炎、疥癬)
・神経系の不調(しびれ、うつ病、不安神経症、情緒不安、無気力、攻撃的行動)
・消化器系の不調(便秘、下痢、腹痛、胃の膨張感、過敏性腸症候群、肛門のかゆみや違和感)
・呼吸器系の不調(慢性の咳、喘息、鼻づまり、鼻水、喉の痛み、慢性鼻炎)
・血管系の不調(動悸、不整脈、高血圧、血管性頭痛)
・泌尿器系の不調(おりものの異常、頻尿、月経前症候群、膣のかゆみ、夜尿症)

改善方法は表示成分を見るだけ?ヨーグルトの遅発性アレルギーに効く対策方法

遅発性アレルギー症状に思い当たることがあったら、ヨーグルトを口にしないのが一番の対策方法になります。ダイエット方法は他にもたくさんあるので、違うやり方で体重を落としましょう。

加工食品にもヨーグルトが入っていることがあるので、食べる時は表示成分をチェックする癖をつけてみて下さい。アレルギー体質の場合、ヨーグルトさえ口にしなければ、カロリーを控えているのに体重が増える・・・なんてことも起こりません。

遅発性アレルギーだと、冷えや疲労感、消化不良、むくみも同時に起こりやすく、太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。攻撃性が強くなる、うつ気味になるなどメンタルにも作用するのが怖いところですよね。

「ダイエットのせいでイライラして気分がブルーになっているのかな?」など自分では気づきにくいため、遅発性アレルギーの可能性があることを覚えておいて損はないはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする