ヨーグルト×シナモンダイエット最強説!テレビ&ブログの口コミで話題沸騰中

ヨーグルトダイエットは定番中の定番ですが、シナモンを加える新しい減量方法はご存知でしょうか。すでにテレビや雑誌、ブログでも度々扱われ、口コミから大ブームになっているので、気になっている方も多いかも知れません。

キムチや納豆を組み合わせる方法もありますが、数々の組み合わせレシピの中でもシナモンのダイエットパワーは最強と絶賛されています。シナモンパウダーは1本100円前後で買えるので、お金がかからないところも続けやすいと評判です。

ヨーグルト×シナモンダイエット

スポンサーリンク

ヨーグルトの比じゃない?シナモンの脂肪燃焼効果は驚異的!

ヨーグルトも、乳酸菌の効果によって便秘解消効果など様々な角度から体重を減らす働きを期待することができますよね。カロリーも低くタンパク質など貴重な栄養も含まれているため、色々な食材の中でもかなり優秀な部類に入る食材であることは間違いありません。

ところが、シナモンのダイエット効果は本当に高いようで「ヨーグルトとは比べものにならない」と評価する専門家も。ただ、シナモン単体では摂取しにくいため、ヨーグルトと組み合わせて食べるのが理想的です。

気になるシナモンのダイエット効果

・新陳代謝の促進
・発汗作用
・冷え性改善
・脂肪細胞を縮小
・血糖値の低下
・コレステロールの低下
・甘いものへの欲求を抑える効果

ヨーグルト&シナモンダイエットの方法!1日の摂取量は何グラム?

ヨーグルト&シナモンダイエットのやり方は、ヨーグルトにシナモンを振りかけて食べるだけで良いので本当に簡単です。1日の摂取量もたった1gでOK。大量に振りかける必要はありません。

ヨーグルトに飽きてしまった時は紅茶やコーヒーなど他の飲み物に加え、とにかく毎日シナモンを摂取しましょう。ヨーグルト同様、少量でも毎日食べ続けることが大切です。また、シナモンの種類はいくつかありますが、カシアシナモンは肝臓にあまり良くないクマリンの含有率が高いそうです。

従って、肝機能を低下させないためにもクマリンがあまり多く含まれていないセイロンシナモンをチョイスしましょう。

シナモンシュガーよりダイエット向き!はちみつと組み合わせるレシピもおすすめ

シナモン自体には甘味がないため、グラニューの甘味が添加されているシナモンシュガーに目をつける方もいらっしゃるでしょう。確かにシナモンシュガーでも問題ありませんが、ダイエット効果を考えるとグラニュー糖はあまり歓迎できない甘味です。

ヨーグルトに甘味を足したいなら、はちみつをプラスしましょう。はちみつは味もおいしい上、はちみつを使ったダイエット方法もあるぐらい、減量効果が高いのが特徴的です。

カロリーもグラニュー糖より低く、安眠効果や脂肪燃焼効果、美肌効果など嬉しいダイエット効果、美容効果も少なくありません。ゆっくり消化吸収される性質もあるため、食べたあと血糖値が急激に上昇することもなく、体脂肪として蓄積されにくい魅力もあるため、シナモンシュガーよりも断然おすすめです。

グラニュー糖 → 100gあたり386.9kcal
はちみつ → 100gあたり294kcal

アレンジ方法はドリンクだけじゃない?シナモン入りのヨーグルトカレーもダイエットレシピに追加!

シナモンは割とクセが強いスパイスなので、アレンジ方法が難しいのでは・・・と不安に感じる方もいるようです。確かにヨーグルト&シナモンの組み合わせを毎日食べると飽きてしまうこともあるかも知れませんが、そんな時はカレー作りにトライしてみて下さい。

ヨーグルトが入っている本格的なインドカレーにシナモンを加えたレシピも、立派なダイエットメニューです。レトルトのインドカレーでココナッツミルクベースのものを探せば、大体シナモンも入っているのでチェックしてみましょう。

残念ながら入っていない場合も、シナモンを振りかけるだけで良いので手軽にアレンジすることができます。豆乳などを加えて飲むヨーグルトにするレシピも定番ですが、スィーツだけではなくオカズとして食べるアレンジ術も狙い目です。