超簡単!猿でもできる時短ヨーグルトホエーの作り方

ヨーグルトのホエーの美容、健康効果を知り、「もっとたくさん欲しい!」と切望している方も多いでしょう。簡単にできるヨーグルトホエーの作り方を見つけたので、ご紹介します。専用アイテム情報も必読!

ヨーグルトの上澄みだけだと少ない・・・

ヨーグルトのホエーは、容器を傾けて上澄み部分を取るだけで手に入ります。ただ、上澄みだけだとあまり多くありません。400g前後の大きめサイズのパックを買ってきても、グラス1杯分も取ることはできません。

ヨーグルトの種類にもよりますが、上澄みだけではお猪口1~2杯程度でしょうか。もちろん、それぐらいの量でも定期的に飲むことで色々な美容、健康効果を得ることができますが、もっと積極的に活用する時はもう少したくさん欲しいと感じますよね。

ギリシャヨーグルトとホエーが同時にできる!?

大ブームになっているギリシャヨーグルトとホエーは、一度に作ることができます。実は水切りヨーグルトを作るだけでOK。ギリシャヨーグルトは普通のヨーグルトより味わいも濃厚な上、マヨネーズやクリームチーズの代わりにもなるので、ヨーグルトの活用の幅が広がります。

「自宅でギリシャヨーグルトを作るなんてできるの?」と驚かれるかも知れませんが、実は「水入りヨーグルト=ギリシャヨーグルト」なんです。普通のヨーグルトを水切りするだけでギリシャヨーグルトができる、と言うことはあまり知られていないようです。

ヨーグルトとホエーを分離させると保存性もアップ

ヨーグルトとホエーを分離させることで、アレンジしやすくなるだけではなく、保存性も高めることができます。牧畜文化が進んでいたギリシャでは、早くから牛や羊のお乳の栄養価を損ねず、長く保存する方法を見つけていました。

それがヨーグルトからホエーを抜くギリシャヨーグルトです。ギリシャヨーグルトは加熱しても固まらない性質があるため、デザートや料理にも応用しやすく、味わいにコクを出すこともできます。ホエーを取ったあとは、美味しいヨーグルトの味も是非堪能して下さい。

今台所にあるものでOK!ヨーグルトホエーの作り方

ザルやボウルなど台所にあるものでヨーグルトからホエーを作る方法をご紹介します。用意するものはプレーンヨーグルトの他、ザル、ボウル、キッチンペーパーの3点だけです。

  1. ザルの上にボウルを重ねて置きます。ザルとボウルの底がくっつかないサイズのものを選びましょう。ボウルの底が浅いとヨーグルトとホエーが触れ合ってしまい、しっかり分離することができません。
  2. キッチンペーパーをザルの上に敷いて、ヨーグルトを入れます。
  3. ヨーグルトを入れたザル&ボウルの上をラップで覆い、冷蔵庫で一晩寝かせましょう。400 gのヨーグルトから4時間で150 ml、24時間で200 mlほどのホエーを取ることができます。

もっと簡単なヨーグルトホエーの作り方はないの?

ザルとボウル、キッチンペーパーを使うヨーグルトホエーの作り方は簡単ですが、ある専用アイテムを使うとさらに手間暇を省くことができます。ズバリ、水切りヨーグルトができる容器を使うと、容器にヨーグルトを入れるだけで良いので本当に楽チンです。

容器はヨーグルトパックとほぼ同じ大きさなので、冷蔵庫に入れる時に場所を取らないメリットも。「キッチンペーパーの香りがホエーやヨーグルトにつかない」、「洗い物が楽」、「ホエーの量が分かるので、ヨーグルトの硬さを微調整したい上級者にぴったり」なんて絶賛されています。

・曙産業 水切りヨーグルトができる容器 ST-3000 (1,004 円)

できたホエーはラッシーや化粧水、石鹸に活用!リコッタチーズやカッテージチーズを作る方法も

ヨーグルトのホエーは材料さえあればすぐに作れることが分かり、目からウロコ状態の方もいらっしゃるのではないでしょうか。できたホエーはそのまま飲んでもOK。ラッシーなど飲み物に入れて美容効果をアップする方法もおすすめです。

リコッタチーズやカッテージチーズを作るアレンジ方法に挑戦する方も。ホエーの活用方法は本当にたくさんあるので、化粧水、石鹸の材料にもなります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする