甘酒などヨーグルトメーカーで作れるものが多い!人気ランキングトップは?

毎日ヨーグルトを食べている方は、ヨーグルトメーカーを購入した方が安くあがります。ヨーグルト以外に作れるものも意外に多いので、買って損はないと評判です。

人気ヨーグルトメーカー

スポンサーリンク

自家製ヨーグルトは本当に安上がり?コストを徹底比較!

ヨーグルトにははかりしれないほど、美容と健康に良い働きがたくさんあります。イライラを抑えるカルシウムなど、メンタルに効く栄養が多いのも嬉しい魅力です。

ダイエット効果や便秘解消効果も高く、他の食材とも相性が良いので、普段のお料理にも積極的に取り入れましょう。ダイエット中なら毎日450~500mlの大容量パックも簡単に消費できますし、家族全員で食べる場合1パックでは足りないことも・・・。

果たして本当に手作りした方が経済的にお得なのか、比較してみましょう。大容量パックもプロバイオティクスなど機能性タイプは300円以上しますが、安売りしているノーマルなものだと150円ぐらいで購入することができますよね。

ヨーグルトメーカーでヨーグルトを作る時も、500ml分だとヨーグルト50mlと牛乳500mlを用意しなくてはいけません。ヨーグルト50ml分は約15円、牛乳500mlは60~80円だと仮定すると、材料費だけで75~95円かかる計算です。

ガス代や水道代、電気代などは10円かからないので、製造にかかる費用は大体100円です。自家製ヨーグルトは市販ヨーグルトより50円安く浮かせることができます。

2~3ヶ月でもとが取れる?豆乳ヨーグルトや飲むヨーグルトも安くつくれる

「たった50円しか違わないの?」とがっかりされる方もいらっしゃるかも知れませんが、毎日確実にヨーグルトを食べる場合「30日×50円=1,500円」も浮かせることができます。年間の節約費用は18,000円です。

ヨーグルトメーカーはそう高い家電ではないので、安いものなら3,000円程度で購入することができます。高価なタイプでも1万数千円も出せば買うことができるので、1年待たずに元を取ることができます

リーズナブルなタイプなら3ヶ月経たずに元が取れますし、何年間も使えることを考えると買う価値は十分にあるはずです。特に飲むヨーグルトは値段が高く量も少ないので、たっぷり飲みたい時もヨーグルトメーカーがあると便利です。

最近人気の豆乳ヨーグルトも市販品だと1パック300円以上するので、自分で作ればかなり安上がりになります。

3時間目が一番まろやか!作り方のコツは牛乳の選び方

ヨーグルトメーカーでヨーグルトをつくる時は牛乳の選び方も大事なポイントの1つです。ベストは生乳100%の成分無調整牛乳。調整乳を使用すると固まりにくく、ゆるすぎるヨーグルトになってしまうのでご注意下さい。

また、使用する材料は新鮮なものを選び、使う道具もきちんと殺菌しましょう。ヨーグルトは入れる牛乳の5%ほどあれば十分ですが、多めに入れると発酵時間を短縮することができます。

乳酸菌が多く酸性に傾くと、大腸菌やカビの増殖リスクを下げることができるので、衛生対策のためにも効果的です。寝かせる時間が長くなるほど酸味が強くなるので、まろやかな味わいのヨーグルトが好きなら3時間程度置くとちょうど良いでしょう。

市販品と同じレベルの酸っぱさにするためには5時間必要です。

甘酒やチーズ、ローストビーフ!ヨーグルトメーカーで作れるもの

ヨーグルトメーカーでつくれるものは、ヨーグルトや飲むヨーグルトだけではありません。唐揚げなどお料理の下味をつけるのに便利な塩こうじ、甘酒、自家製ツナ、納豆、チーズ、発酵バターなどもヨーグルトメーカーでつくることができます。

最近はローストビーフなど低温調理レシピに挑戦する方も増え、注目を集めています。

アイリスオーヤマもおすすめ!ヨーグルトメーカーの人気ランキングBEST3!

安いものから高機能タイプまで人気ランキングトップのヨーグルトメーカーをピックアップしました。

・アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー プレミアム (2,922円)

市販の牛乳パックをそのまま入れることができるので、自家製ヨーグルト作りの手間暇をできるだけ省きたい方にもぴったりのヨーグルトメーカーです。温度も1℃刻みで細かく設定することができるので、温度調節が難しい発酵食品もうまくつくれると評判。

カスピ海ヨーグルトをつくる時は25~27℃の低温に設定しましょう。

・象印 くまのプーさん ヨーグルトメーカー (3,178円)

お湯を入れて保温するだけでヨーグルトができるので、電気代がかかりません。節約のためにヨーグルトメーカーを買う予定の方におすすめです。

・タニカ電器ヨーグルティア (15,450円)

温度調節の幅が広く、25℃から65℃まで調節可能。つくれない発酵食品はないと言われるほど万能タイプで、正確な温度に調節してくれるマイコン温度調節機能もついています。