納豆ヨーグルトダイエットは痩せる・・・「得損」でも効果は実証済み!

しんどい思いをせずに痩せたいなら、納豆ヨーグルトダイエットが一番の近道になるかも知れません。テレビ番組でも紹介された効果が保証されたやり方を伝授!

納豆 ヨーグルト

スポンサーリンク

テレビ番組「得損」でも紹介!納豆×ヨーグルトのダイエットパワー

納豆ヨーグルトダイエットは、納豆とヨーグルトを組み合わせて食べる非常にシンプルなダイエット方法です。次々に話題の減量法を発信しているテレビ番組「得する人損する人」でも紹介され、瞬く間に広まりました。現在実践中の方も多いでしょう。

和食最強の発酵食材である納豆と世界の長寿食、ヨーグルトはそれぞれ単品でも優れた美容、健康、ダイエット効果を発揮することでも知られていますよね。一緒に食べることで相乗効果をアップさせることができるため、簡単に痩せたい方は早速トライしてみて下さい。

テレビ番組でも効果が実証されているので、実際に取り組めば本当に体重を減らすことができます。

~納豆の栄養素~

タンパク質やビタミン&ミネラル、アミノ酸各種、大豆ペプチド、大豆サポニン、イソフラボンなど、健康的に痩せるための栄養価が豊富。酵素のナットウキナーゼやムチンも効果的に働き、代謝力が上がり脂肪を燃焼しやすい体質に改善してくれます。

腸内環境改善力も高く、便秘体質の方を対象に行った実験でも、納豆を2週間食べるだけで排便回数、排便量が確実に増えることが判明しました。

~ヨーグルトの栄養素~

ヨーグルトほど大量の乳酸菌を含む食材は中々見当たりません。腸内環境を整え、便通を促進する効果抜群の食材。カルシウムが足りなくなると代謝不足に陥りますが、ヨーグルトはカルシウム含有量も高い上、吸収率も良い種類のカルシウムが入っています。

毎日食べることで副甲状腺ホルモンの分泌も整えられ、脂肪も分解されやすくなります。

相乗効果は想像以上!腸からアンチエイジングできる最強の組み合わせ

納豆ヨーグルトはダイエットだけではなく、加齢対策にも有効です。年齢を重ねるほど、免疫機能の6割を担う大腸や小腸も正常に働かなくなってしまいます。そのため、風邪もひきやすくなり病気になる確率が高くなります。

美容トラブルがしょっちゅう起きるのも、疲労感が抜けないのも、腸の機能性がダウンしていることが原因です。発酵食材は、そんな弱った腸を元気にしてくれます。発酵食品の乳酸菌は、有害物質を増やし皮膚や血管の老いを加速させる悪玉菌を減らし、毒素をじゃんじゃんデトックスしてくれます。

納豆ヨーグルトを食べれば食べるほど、腸内部からエイジングケアをすることができるので、年齢によるマイナスの影響を感じている方ほど効果を実感しやすいでしょう。

~発酵食材を食べると起きる嬉しい変化~

・皮膚や血管の老化を予防
・生活習慣病の予防、改善
・太りにくい体質に改善
・風邪やインフルエンザにかかりにくくなる
・血糖値も正常に調整

ん・・・その食べ方はNG?アツアツご飯はダメな理由に納得!

納豆ヨーグルトダイエットは、毎日納豆にヨーグルトを混ぜて食べるだけで良いので、専用の道具や製品を用意する必要はありません。一緒に食べることに抵抗を感じる場合、納豆ご飯の前後にヨーグルトを食べる方法でも構いません。

ただ、納豆もヨーグルトも高熱には強くないので、熱々ご飯にのせるのは避けましょう。特に納豆に含まれるナットウキナーゼやビタミンB群は熱に弱く、熱いご飯の上にのせてしまうと肝心な有効成分が破壊されてしまう恐れがあります。

3週間で4.1kg減?食事制限不要の進化バージョンは玉ねぎを追加!

正しい食べ方で納豆ヨーグルトダイエットを続けると、そんなに何ヶ月も待たずに、体重が減っていることに気づくはずです。テレビ番組でも放送され大反響を呼んだため、番組では改めて特集を組み、進化バージョンのレシピも紹介されました。

その方法とは、納豆ヨーグルトに玉ねぎを混ぜるというもの。タレントの井上咲楽さんが挑戦し、たった3週間で体重4.1kg、ウエストは7.7cmも細くなる驚愕の成果を出しました。食事制限もなく、毎日少量の納豆×玉ねぎヨーグルトを食べるだけで、これほど明らかな変化が出ることに驚いた方も多いでしょう。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は単独だとあまり活発に働きません。ところが、食物繊維を一緒に食べると本来の機能がぐっと向上します。特に玉ねぎに含まれている食物繊維のイヌリンは乳酸菌やビフィズス菌との相性が良く、やせ酸と呼ばれる短鎖脂肪酸を生成することが分かっています。

やせ酸は腸内の消化機能や自浄機能を活性化させ、代謝力も上げて脂肪の吸収もしっかり抑制する作用があります。食欲をセーブする働きもあるので、玉ねぎを組み合わせることで減量スピードを加速させることが可能です。

~玉ねぎヨーグルト×納豆ダイエットのやり方~

①無糖ヨーグルト(200g)にスライスした玉ねぎ(2分の1個)、塩(小さじ2分の1)をブレンド
②1日最低50g(スプーン2杯)の玉ねぎヨーグルトを納豆にかけて食べる

キムチや豆腐も・・・納豆ヨーグルトに合うダイエット食材を徹底追及!

特にダイエットをする必要がなくても、納豆は身体に良い栄養が詰まっているので、毎日食べるのが理想的です。ただ、醤油とカラシの味付けだけでは、途中で飽きてしまうこともあるかも知れません。

飽きずに続けるためにも、ダイエット効果を高めるためにも、色々な食材を足してアレンジを楽しみましょう。玉ねぎやヨーグルト以外にも納豆に合う食材はたくさんあります

・キムチ

キムチも植物性乳酸菌が多い発酵食材。キムチ×ヨーグルト納豆ダイエットという減量方法もあるほど、優れた減量効果を期待することができます。

・豆腐

ごはんの代わりに豆腐を食べると、よりはやく目標体重に到達することができます。糖質とカロリーを大幅にカットできる上、大豆レシチンやビタミンB群の働きによって脂肪燃焼率もアップ。