ヨーグルトとオリーブオイルでみるみる痩せるってホント?ついに便秘も改善!

ヨーグルトとオリーブオイルを組み合わせることで、嬉しい効果が色々得られるようです。

ヨーグルトとオリーブオイルの組み合わせ

スポンサーリンク

便秘に効く!どうしてヨーグルトとオリーブオイルを一緒に摂ると痩せるの?

ヨーグルトとオリーブオイルの組み合わせは、便秘やダイエットのための最強のタッグと賞賛されています。確かにどちらも便秘解消効果、ダイエット効果で有名な食材ですが、一緒に摂取することでより効果的に働きやすくなると考えられています。

オリーブオイルのオレイン酸は小腸で便を柔らかくして排便しやすい状態にします。血中コレステロールを減らす効果や胃酸の分泌調整効果、中性脂肪をよせつけにくくする効果も。一方乳酸菌も腸内の善玉菌増加に役立ち、腸内環境を整える効果で知られています。

健康的な減量効果を発揮することは間違いないので、効果を最大限引き出すためにも同じタイミングで摂るよう意識してみて下さい。

「ホンマでっか」で減量効果を検証!オリーブオイル以外の油だと太る?

オリーブオイルのようにヘルシーな油は色々ありますよね。ヨーグルトと一緒に他のオイルを試したくなる方もいらっしゃるかも知れません。

ただ、人気テレビ番組「ホンマでっか」でも実際に医療評論家が実験したところ、オリーブオイル以外のバターやラード、菜種油などのオイルでは体重が増加することが分かりました。

数種類のオイルを試した結果、体重減量の効果があったのはオリーブオイルだけでした。ただ、成分が似ているので、グレープシードオイルやココナッツオイルでも代用できるかも知れません。

バナナヨーグルトは定番!「はちみつ+きな粉」も癖になる美味しさ?

ヨーグルトはとてもプレーンな味付けなので、バナナと組み合わせる食べ方も昔から有名ですよね。ヨーグルトには食物繊維が入っていないので、バナナと組み合わせることで食物繊維を補うことができます。

最近は「はちみつ+きな粉+ヨーグルト」の組み合わせも人気があります。はちみつは白砂糖よりカロリーが低い上、疲労回復効果も抜群。ヨーグルトに甘味をつけたい時は天然の甘味料はちみつを使いましょう。

きな粉も女性におすすめのちょい足し食材で、女性ホルモンと働きが似ているイソフラボンや筋肉、髪をしなやかにするミネラルもたっぷり入っています。

バナナ同様食物繊維が多いのも見逃せない特徴です。アレンジすることで味も美味しくなるのでヨーグルトダイエット中でも飽きずに続けることができるでしょう。

醤油より塩味が人気?夜ごはんに納豆とヨーグルト、オリーブオイルを混ぜる食べ方も

納豆とヨーグルト、オリーブオイルを混ぜて食べる方法も、注目の痩せる食べ方の1つです。発酵食品同士は相性が良く、食物性乳酸菌と動物性乳酸菌の両方摂取することができます。

オリーブオイルのオレイン酸で腸の動きを促進しながら乳酸菌を補うことで、頑固な便秘体質の方でも便意を感じやすくなります。味付けは醤油より塩の方が合うという意見も。

ただし、納豆は尿酸値を上げるプリン体も豊富なので、痛風リスクにそなえるためにも1日2パック以上は食べないようにしましょう。また、熱に弱いので熱々のご飯より少し冷ましたご飯にかけるのがポイントです。

納豆は朝食べても夜食べても健康効果が落ちることはありませんが、夕食に食べると就寝中にナットウキナーゼの働きで血液サラサラ効果が得やすいそうです。

混ぜるだけでOK!ダイエット中に嬉しいオリーブオイル&ヨーグルトドレッシングのレシピ

「納豆に混ぜるのはちょっと・・・」と抵抗があるなら、ドレッシングがおすすめです。さっぱりとした味わいはどんな野菜にも合います。市販ドレッシングも販売されていますが、混ぜるだけでできるので手作りにも挑戦してみましょう。

~ヨーグルトとオリーブオイルのドレッシングレシピ~

①50ccのヨーグルトに小さじ3分の2の塩、オリーブオイルとマヨネーズを大さじ3杯ずつ混ぜます。
②胡椒とレモン汁(酢でもOK)を少々加えてさらに混ぜ、お好みでバジルやパセリを散らせば完成です。