漬物ヨーグルトダイエットならストレスなく痩せる!え・・・食べるだけでいいの!?

しんどい系ダイエットに成功する自信がないなら、ヨーグルト漬物を食べるだけの楽痩せを目指しましょう。

ヨーグルト 漬物

スポンサーリンク

テレビの損得こと「得する人損する人」から大ブーム!ヨーグルト漬物のダイエット効果

とにかく楽に痩せたいなら、普段食べている漬物をヨーグルト漬物に切り替えましょう。たったそれだけで確実に痩せます。「損得」の略称でおなじみのテレビ番組「得する人損する人」でも紹介された減量方法で、現在大ブームになっているのがヨーグルト漬物ダイエットです。

通常の漬物も発酵食材の1つで非常にヘルシーな食べ物ですが、ヨーグルトに漬けることでさらに減量効果をパワーアップさせることができます。

普通の漬物とどう違うの?ヨーグルト漬けは乳酸菌レベルが段違いにUP

普段食べている漬物とヨーグルト漬物の違いは、乳酸菌のパワーです。乳酸菌豊富なヨーグルトに漬けることで、一般的な漬物とは比べものにならないほど多い乳酸菌を補うことができます。

そのままヨーグルトを食べるよりも乳酸菌の数は倍増するので、重症度の高い便秘体質の方でもはやい段階で改善効果が現れるようです。実は、乳酸菌は単独で摂取しても本来のパワーを発揮しにくい性質があります。

食物繊維の力を借りることで腸内環境改善力をあますところなく引き出すことができるので、水溶性食物繊維豊富な野菜と一緒に食べるのはとても理にかなっている食べ方です。

作り方も簡単!上澄みも美味・・・お味噌汁にする野崎洋光流アレンジ術も人気

ヨーグルトの漬物はダイエット中に嬉しい作用がたくさんあるだけではなく、作り方も簡単なところも魅力の1つです。漬物はぬか床の簡単が厄介ですが、ヨーグルト漬けはヨーグルトと味噌の中に野菜を入れて放置するだけ

塩分も少ないため、数日間入れっぱなしにしていてもしょっぱくなることもありません。ぬか床を使わないので冷蔵庫の中がぬか臭くなることもありません。さらに、野菜を漬けたあとの上澄みにお肉を漬けると柔らかく焼きあがるメリットも。

再利用できるので経済的にもお得な面が多く、料理上級者の間でも絶賛されています。「損得」できゅうりの味噌ヨーグルト漬けを紹介した分けとく山の総料理長、野崎洋光さんも、使ったあとのヨーグルト味噌をお味噌汁に使うアレンジ術をテレビで披露していました。

ぬか床不要!塩分控えめダイエット用ヨーグルト&味噌漬物の作り方

ヨーグルト漬物の作り方は本当に適当でOKですが、目安として基本的なレシピをご紹介しましょう。用意するものはヨーグルトと味噌、塩と野菜だけです。

それにしても、漬物をちゃんと漬けたことがある方なら、ぬか床不要の作り方に驚きを禁じえないはずです。料理初級者でも最初から成功するので、是非トライしてみて下さい。

~ヨーグルト漬物の作り方~

①野菜を一口サイズにカット(カットしなくてもOK)
②タッパーやジップロックなどの容器にヨーグルトと味噌、塩を入れて混ぜる(ヨーグルト100g、味噌50g、塩小さじ2分の1)
③カットした野菜を入れて空気に触れないよう密閉。ジップロックを使う場合は空気を抜き、タッパーの場合はラップで覆ってから蓋を閉めるのがポイント。
④4時間後には完成(ある程度味を染み込ませるなら2日間放置)

ヨーグルトに合う?きゅうりやキャベツ、大根、白菜のダイエット効果をチェック!

とにかく急いで痩せたい、と焦っている方は「よりはやく減量できる野菜は何?」と気になっているかも知れません。基本的にどの野菜も水溶性食物繊維が多いので、色々な野菜を少しずつ食べるのが理想的です。

生で食べられる野菜なら、どの種類でもヨーグルト味噌に合うでしょう。ただ、同じ野菜でも栄養価は異なるので、それぞれの特徴を踏まえた上で賢くチョイスして下さい。

~主な野菜のダイエット効果をチェック~

・きゅうり

きゅうりに含まれる酵素、ホスホリパーゼには脂肪を分解する働きがあります。

・セロリ

カリウム含有量が多く、体内に蓄積された余分な水分を身体の外に出す働きが期待できます。血液の循環をスムーズにする効果も。

・白菜

セロリ同様、体内の余計な水分を排出するカリウムが含まれている他、脂肪細胞の分化を予防する作用も注目されています。

・キャベツ

食物繊維豊富な葉野菜。そのまま生で食べるよりヨーグルト漬けにした方がしんなりするため、たくさん食べやすくなります。糖質の代謝を促すビタミンB1が多いレタスもダイエット効果の高い野菜ですが、いたみやすいので漬物にする時はキャベツの方が向いています。

・大根

消化酵素のアミラーゼがたくさん入っているので、食べたものをスムーズに消化し便秘解消効果もUP。漬物にして生で食べることで、熱に弱いアミラーゼを壊さず摂取することができます。

・アボカド

100g中3.6gもの不溶性食物繊維を含有。身体に脂肪が溜まりにくくする不飽和脂肪酸も豊富。