ヨーグルトで肌荒れが改善する説は本当?悪化する噂も気になる!

ヨーグルトを食べるだけでひどい肌荒れがみるみる治る可能性があります。ヨーグルトの肌荒れ改善効果が本当なのか、否定的な説も含め、詳しく調べてみました。

ヨーグルト 肌荒れ改善

3日以上排便がないのはヤバイ?便秘性の肌荒れはヨーグルトで解決!

昔から「肌は内臓の鏡」と言われています。肌荒れが目立つ時は身体の内部でも異常が生じている確率が高いため、化粧水などスキンケアアイテムでアプローチするよりも、口にする食材に気を使った方がはやくトラブルを解決できます。

何千円もする高価な化粧水に切り替えたのに全然効き目がない・・・と嘆く女性も多いようですが、特に便秘体質の方は内側からのケアを最優先する必要があります。

最後に排便したのはいつですか?毎日排便していてもなんとなくスッキリしない場合は問題がありますが、3日に1度しか出ないような状態が続いているのなら間違いなく便秘です。

内臓の不調の中でも腸内環境の悪化は肌荒れに直結するため、大急ぎでヨーグルトを買ってきましょう。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸のコンディションを改善するために大活躍してくれます。

肌荒れ改善のためにも毎日ヨーグルトを食べて、1日1回の排便を目指して下さい。

特に肌荒れ改善効果があるヨーグルトは?

せっかくヨーグルトを食べるなら、特に肌荒れ改善に効果が高い種類を選びましょう。同じヨーグルトでも何十種類もあり、問題解決のための得意分野は微妙に違います。

~肌荒れ改善効果が高いヨーグルトの菌株~

・ブルガリア菌2038株/サーモフィラス菌1131株(明治ブルガリアヨーグルト)
・クレモリスFC株(フジッコ カスピ海ヨーグルト プレーン)
・ブレーベ・ヤクルト菌(ヤクルト ミルミル/ミルミルS)

アトピー性皮膚炎が原因で肌荒れが起きている場合は・・・

同じ肌荒れでも、アトピー性皮膚炎の影響で肌が荒れている場合はアレルギー対策もできる菌株を選びましょう。カスピ海ヨーグルトに含まれるクレモリスFC株のように一般的な肌荒れにもアトピーによる肌荒れにも効くものも狙い目です。

しかも、クレモリスFC菌は生きたまま腸に到達できるプロバイオティクス乳酸菌なので、食べたあと消化液に分解されることなく腸内でしっかり働いてくれます。

~アトピー性皮膚炎由来の肌荒れに効く菌株~

・KW3110株(小岩井 大人の元気ヨーグルト)
・LKM512株(メイトー おなかで増えるLKM512)
・K-2株(亀田製菓 ハイハイン)
・クレモリスFC株(フジッコ カスピ海ヨーグルト プレーン)
・GCL1176株(グリコ おいしいカスピ海 特選牛乳100%)
・KGG株(タカナシ ドリンクヨーグルト おなかへGG!)

ニキビや吹き出ものの意外な原因・・・ヨーグルトで肌荒れが悪化することも?

肌が荒れている時は腸内環境も悪くなっている可能性が強いので、ヨーグルトを積極的に食べて善玉菌を増やす対策が有効です。ただ、中にはヨーグルトを食べたら肌荒れがひどくなった、なんて嘆く声も。事実、ヨーグルトを食べることで肌が荒れることもあります

代表的なのは、遅延性の食物アレルギーの場合です。一般的な食物アレルギーは食べてすぐに肌の赤みや吐き気などの症状が出ますが、遅延性だとアレルギーの対象である食べ物を口にしてもすぐに反応が出ません。

肌荒れや倦怠感などの症状が遅れて出るために、アレルゲンを特定するのが簡単ではありません。もしヨーグルトを食べても肌荒れが改善しない場合は遅延性アレルギーの疑いもあるので、他の乳製品を食べた時の反応もチェックしましょう。

また、普段から動物性脂質をたくさん摂取している場合、さらにヨーグルトを食べることで皮脂の分泌が過剰になり、ニキビや吹き出ものが出やすくなることもあります。ヨーグルトも動物性脂質なので必要以上に摂りすぎると毛穴が詰まりやすくなります。

肉類や乳製品の食べすぎを抑え、ヨーグルトを食べる時も脂肪が少ないタイプを選んでみて下さい。1日の適正摂取カロリーをオーバーしすぎないよう注意することも大切です。