ホエイ成分の抽出方法は?製法が違う3種類を分析!

同じホエイでも抽出方法によってプロテインを含む量やクオリティに差が出るので、注意が必要です。

スポンサーリンク

コスパなどホエイを選ぶ7つの比較ポイント!ただ安いだけのプロテインは損?

筋トレ中、ボディメイキングに励んでいる最中の方は、迷わずホエイプロテインを選びましょう。ホエイプロテインを活用することで、トレーニングの効果を最大限に引き出すことができます。ホエイプロテインは他のプロテインよりも高級なため、最安値で検索している方も少なくありませんよね。

たしかに予算オーバーにならないことも大事なポイントですが、ホエイプロテインを選ぶ時は価格以外にチェックしなければならないこともいくつかあるので、気をつけて下さい。プロテインに不慣れなら、最初は飲みやすい味で溶かしやすいものからトライするのも賢い選択かも知れません。

~ホエイプロテインを選ぶ8つのポイント~

・飲み続けられる価格(コスパ)
・ストレスなく飲むことができる味
・溶けやすさ
・ビタミンやミネラルなど他の栄養素が添加されているかどうか
・タンパク質含有量
・添加物の有無
・抽出方法など製造方法
・安全性(製造方法や材料の原産国の表示)

実は・・・ホエイ成分の抽出方法が一番大事?製法の違いを表示でチェック

ホエイの抽出方法は色々な製法がありますが、特に有名なのはWPC製法、WPI製法、WPH製法の3種類です。プロテイン上級者ほど、価格や飲みやすさより抽出方法をまっさきにチェックする傾向があります。

それほど、ホエイの抽出方法は重要なポイントになるので、表示情報に目を通し製法は必ず確認しましょう

WPC(ホエイ・プロテイン・コンセントレート)製法はビタミン&ミネラルも多い?女性のダイエット用にも人気!

WPC製法のホエイはタンパク質含有率が80%前後、と低い部類に入ります。ただ、ビタミンやミネラルもたくさん摂取することができるのが魅力で、製造方法も比較的単純なのでホエイの中では値段も高くありません。

原料の乳清を専用フィルターに通し、濾過したあとの液体を濃縮する製法です。栄養価が高い分、乳糖も多く残るため、牛乳など乳製品を飲むと腹部の張りや不快感、腹部膨満感などが起こる乳糖不耐症体質の方は避けた方が無難です。

試しに飲んでみたい方、プロテインにあまりお金をかけたくない方、ダイエット中の女性にもおすすめ。

・アルプロンWPC ナチュラル ホエイプロテイン100 無添加 1kg (2,160円)

砂糖や保存料はもちろん、増粘剤や消泡剤も不使用の無添加プロテイン。一般的なプロテインを溶かす時の半分の量のお水で素早く溶かすことができます。タンパク質含有量80%以上。

・DAILY BASIC FIXITプロテイン バニラ/ストロベリー 1kg (2,760円)

中国産原料は使用しない、と宣言している会社の安全なプロテイン。増粘剤や保存料、粉末油脂に頼らず、水で溶かすだけでおいしく飲めるよう味にも工夫しています。タンパク質含有量80%以上。

ちょっと高いホエイパウダー・・・WPI(ホエイプロテインアイソレート)製法は乳糖アレルギーにおすすめ!

もし乳糖アレルギー体質なら、WPCではなくWPI製法のホエイを選びましょう。イオン交換法とも呼ばれるWPI製法では、WPC製法で取り分けたタンパク質をさらに加工し、タンパク質以外の成分を大体取り除いてしまいます。

そのため、ホエイタンパクの濃度も約90%と高く、乳糖もほとんど残ってないため、乳糖不耐症の方でも安心して飲むことができます。ただしWPI製法より手間がかかる分、価格にも反映され安くはない価格で販売されています。

・プロテイン オークアスリート バニラ風味 1kg (5,400円)

吸収率を高めるため、グルタミンペプチドもブレンド。タンパク質含有量は国内最高グレードの98%、脂質はたった1%しか含まないため、プロのアスリートにも愛用されています。アルギニンも入っているハイスペックプロテイン。

・ザ・プロテイン プレミアム 600g (5,800円)

なかやまきんに君プロデュースのホエイプロテイン。1kg以下で約6,000円と強気の値段設定ながら、最高のパフォーマンスを目指すために高品質の原料にこだわっています。ホエイの他、吸収率&栄養価&タンパク質含有率が高い卵白ペプチドもブレンド。

1g中150億個の善玉菌を含むタンパク質サポート乳酸菌のガネデン、ボディメイクに欠かせないシステインペプチド含有酵母も配合し、人工甘味料ではなく天然甘味料の羅漢果を使っているところも注目ポイントです。タンパク質含有量85%以上。

タンパク質含有量は約95%!ペプチド化されたWPH製法は飲み方が難しい

とにかくタンパク質含有率が高いホエイプロテインを探しているなら、WPC製法のホエイをチェックしましょう。微生物の酵素などを駆使してWPCをペプチド化したWPI製法は、加水分解ペプチドとも呼ばれています。

価格も高くなりますが、タンパク質含有量は約95%と一番高く、効率よくトレーニングしたい方にも最適です。ただし溶かしにくいので、飲み方で手こずるかも知れません。

・nichie(ニチエー)ホエイプロテイン WPH プレーン 無添加 1kg (3,500円)

1kg3,000円台とWPC製法プロテインの中ではリーズナブルな部類。タンパク質含有量は約92%、砂糖や保存料、増粘剤不使用の無添加タイプです。衛生環境の整った牧場で育てられたホルモン剤未摂取の牛の生乳を使っています。

泡立ち抑制成分、溶けやすくするための成分は添加していません。

・バーサーカー ホエイクエスト アルティマ バニラ/チョコレート/ストロベリー 1kg (7,200円)

ダルビッシュ愛用の最高級品質プロテイン。溶かしにくく飲みにくいことでも有名ですが、純粋にホエイだけを摂取したい時に頼れる存在です。

アミノ酸バランスを最高の状態に近づけるために、シトルリンやベタインも配合。消泡剤など余計な添加物も入っていないので、肝臓ダメージが気になる方にもぴったりです。ストイックなトレーニングのお供にしましょう。